スポーツ教育コース2014年4月誕生


夢を叶える4コース制に生まれ変わります。

健康スポーツ学科では、これまでの「健康医科学コース」「コーチング科学コース」「スポーツマネジメントコース」に加え、2014年4月より新たに「スポーツ教育コース」を設置し、4コース制に生まれ変わります。

学生は、自分の将来像や目標とする資格に合わせてコースを選択し学ぶことで、「スポーツ」「運動」「教育」に関するより高度な知識・技術を修得し、関連する専門資格の取得を目指すことができます。

また、各コースは横断的に学ぶことができるよう科目配置され、【トレーナー+トレーニング指導者】【教員資格+コーチ資格】など、複数の複数の資格取得を目指すことができます。

New

スポーツ教育コース(2014年4月新設!)

スポーツ教育コース

「スポーツ教育コース」では、"スポーツ"と"学校教育"を融合した本学独自の学びにより、子どもたちの心身の健康と成長を支えることのできる「学校教員」「スポーツ指導者」を目指します。また、玉川大学通信教育部との併修により、【小学校教諭二種免許】の取得を目指すことが可能です。

【関連する資格】
小学校教諭二種免許 スポーツ教育コースを選択し、玉川大学通信教育部との併修により取得可能
※受講要件:本学の中・高教諭一種免許(保健体育)課程を履修し、且つ、本学の推薦する基準(学業成績・面接)を満たすこと
※受講人数:10名程度

中学校教諭一種免許(保健体育)
高等学校教諭一種免許(保健体育)
ジュニアスポーツ指導員

健康医科学コース

健康医科学コース

「健康医科学コース」では、医科学に関する幅広い学びをベースに、人間が有している運動機能と構造を理解し、筋力や運動能力向上の科学的方法など、スポーツ医科学の知識を深めます。また、安全で効率的なトレーニング方法や健康を増進させる方法を専門的に学びます。

【関連する資格】
健康運動指導士
アスレティックトレーナー
健康運動実践指導者

コーチング科学コース

コーチング科学コース

「コーチング科学コース」では、競技スポーツにおける指導方法や戦術分析方法などを科学的に学び、高度な指導力を身につけます。また、スポーツスキルを向上させるための理論的背景を学び、それに必要な情報を収集・分析できる実践力を養うことで、様々なスポーツの現場で活躍できる人材を育成します。

【関連する資格】
中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)
JATI認定トレーニング指導者
日本サッカー協会公認C級コーチ
日本体育協会公認水泳コーチ など

スポーツマネジメントコース

スポーツマネジメントコース

「スポーツマネジメントコース」では、スポーツの経営学的な側面や文化的な側面に着目し、地域スポーツやスポーツ施設の管理・運営、スポーツチームなどを効果的に組織・運営するマネジメント力を身につけます。本学は、プロスポーツ団体(アルビレックス新潟)と連携・協力関係にある全国でも数少ない大学であり、外部機関との連携や地域への取り組みによる実践的な教育を行っています。

【関連する資格】
アシスタントマネージャー
レクリエーション・コーディネーター

スポーツ教育コースのコンセプト

スポーツ教育コースで目指す人材像 コース全員で、子どもたちの心身の健康と成長を支える
「学校教員」「スポーツ指導者」を目指します。

社会環境や生活様式の変容に伴い、近年、運動・スポーツに触れる機会が減少し、"子どもの体力・運動能力の低下"が大きな社会問題となっています。文部科学省が実施する「体力・運動能力調査」によると、昭和60年頃をピークに子どもの体力・運動能力は低下・横ばい傾向が続いており、将来、重大な病気につながるおそれがあると指摘されるなど社会全体の問題として捉える必要があるとしています。

こうした中、文部科学省は「スポーツ基本法※1」を策定し、"子どもの体力向上""学校体育の充実"などを軸とした具体的な施策に乗り出しています。さらに、近年では、学校でのいじめやスポーツ指導における体罰の問題が社会問題化するなど、子どもたちの心身の健康と成長を支える高度な知識・指導力を有した教育者の育成が強く求められています。

そこで、健康スポーツ学科ではこうした社会要請に応えるべく、新たに「スポーツ教育コース」を設置し、指導力の高い「学校教員」「スポーツ指導者」の育成を目指します。本コースでは、中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)の取得に加え、新たに【小学校教諭二種免許※2】【ジュニアスポーツ指導員】の資格取得を目指すことのできるカリキュラムを配置し、社会のニーズに対応できる人材を育成します。

※1 平成23年に文部科学省により制定された「スポーツ基本法」の理念の実現に向け、平成24年に文部科学大臣が策定
※2 スポーツ教育コースを選択し、玉川大学通信教育部との併修により取得可能(受講要件あり)

取得可能な資格

関連する資格

  • 小学校教諭二種免許
  • 中学校教諭一種免許(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許(保健体育)
  • ジュニアスポーツ指導員
「中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)」と「小学校教諭二種免許」を併せて取得可能。

本コースを選択し、中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)を取得するための科目を履修している学生は、玉川大学通信教育部との併修により、小学校教諭二種免許の取得を目指すことができます。

※受講要件:本学の中・高教諭一種免許(保健体育)課程を履修し、且つ、本学の推薦する基準(学業成績・面接)を満たすこと
※受講人数:10名程度

「ジュニアスポーツ指導員」の資格取得が可能。

国は、子どもの体力・運動能力の向上に向けた具体的な施策として、「スポーツ環境の整備」に積極的に取り組み、総合型地域スポーツクラブはここ10年で飛躍的に増加しています。こうした中、ジュニアスポーツ指導員は、子どもたちの身体づくりや動きづくりを指導する専門職として高い注目を集め、そのニーズは年々拡大しています。本コースでは、ジュニアスポーツ指導員の養成に必要な科目を配置し、希望する学生は、教員免許に加えジュニアスポーツ指導員の資格取得を目指すことができます。これらWライセンスの取得により、教育者とスポーツ指導者の2つの資質を併せ持つ、「地域スポーツ指導のリーダー」の育成を目指します。

総合型地域スポーツクラブ育成状況推移(H14~24)

本学独自の学び

  • 教員採用試験対策のための科目を配置!!

    教員採用試験の合格に向け、通常、学外の予備校などで受講することの多い「一般教養」「教職教養」「教職実技」などの『教員採用試験対策』関連科目をカリキュラムとして配置しています。これにより、学内で基礎から実践、採用試験対策までを一貫して学ぶことができます。

  • 高い指導力を磨く独自の科目を配置!!

    スポーツ教育・指導の現場では、子どもたちが"スポーツ・運動の楽しさ"を実感できるよう様々な教材を効果的に活用するスキルが求められます。そこで本コースでは、全国でも数少ない"教材作成"や"教材の活用方法"を学ぶ専門科目を配置し、子どもの特性に合わせた教育方法について実践的に学びます。さらに指導方法の学習では、陸上や水泳など種目別に科目を配置することで、高い指導力を身につけます。

  • 豊富な経験と実績のある、教員出身者による教師陣!!

    本コースでは、日本最先端のスポーツ指導に携わる教員や校長経験者をはじめ教員採用試験を熟知した教員などが多数在籍しており、高い指導力の修得と教員採用試験合格に向け、学生一人ひとりに対してきめ細やかなサポートを実現します。

    小学校校長経験者中学校校長経験者文部科学省教科調査官経験者など

幅広い活躍の場

【教員免許】と【ジュニアスポーツ指導員】のダブルライセンスを取得することで、小学校・中学校・高等学校などの教育機関に限らず、キッズスポーツクラブやスポーツ塾での子どもへのスポーツ指導や、総合型地域スポーツクラブや健康増進施設などでの地域社会でのスポーツ指導を行うことができ、スポーツ教育に関わる様々な現場で活躍することができます。

幅広い活躍の場

学生一人ひとりの将来像に対応する4つのコースで「スポーツ」「運動」「教育」に関連する資格取得をサポート!

  • 健康スポーツ学科の詳細はこちら
  • 大学案内等資料請求はこちら
  • オープンキャンパス等イベント情報はこちら

このページの先頭へ戻る