病院女子ナビ


病院で働くのは看護師だけじゃない!

不況に負けない病院職 女性が活躍するお仕事紹介

"健康・笑顔・幸せ"を支える大切な仕事たち。病院で働きたい!そんなあなたの夢を叶える仕事を発見しよう!

リハビリのお仕事

作業療法士

身体や精神に障害のある人や障害が予測される人に、その人らしい生活が送れるよう支援するリハビリの専門家。

作業療法士

身体・精神機能面での基本能力、食事やトイレなどの生活動作、地域参加や就労・就学の準備などの社会生活適応能力の維持や改善、また生活環境の調整などを行います。日常生活の様々な動作や仕事、遊びなど、人間に関わるすべての活動を「作業活動」と呼び、これを治療や援助、指導の手段としています。子どもからお年寄りまで、生活に障害を持つすべての人に関わります。

注目ポイント

  • 生活支援の中核的存在として病院はもろん幅広い領域でニーズが増大!
  • 第1期生卒業以来就職内定率100%達成!
作業療法士を目指す!作業療法学科ページはコチラ!
リハビリのお仕事

言語聴覚士

「話す」「聞く」「理解する」などのコミュニケーション能力や「食べること」に障害を持った人に対して、リハビリを行う専門家。

言語聴覚士

「話すこと」や「聞くこと」などのコミュニケーションに障害を持った人や、のどの機能が弱って「食べること」に障害を持った人に対して、その回復をサポートします。ことばの発達の遅れ、失語症、声や発音の障害、自閉症など、様々な障害を持つ人を対象としているため、子どもから大人まで幅広い年齢層の人への支援を行います。

注目ポイント

  • 新しい資格のため有資格者が不足。多くの医療機関から大きなニーズ!
  • 第1期生卒業以来就職内定率100%達成!80%以上が病院で活躍!
言語聴覚士を目指す!言語聴覚学科ページはコチラ!
医療技術のお仕事

臨床検査技師

様々な検査業務を通して医師の診断や治療に必要な基礎データを提供し、患者様の治療に直接関わる、検査の専門家。

臨床検査技師

主に病院や診療所などの医療機関で、患者様から採血した血液や尿を検査する「検体検査」、身体に検査装置を装着して心電図や脳波などを検査する「生理学的検査」など、様々な検査業務を行います。これらの診断結果は、病気の発見や治療方針の決定などに関わる重要なデータとして活用されるため、患者様の治療に直接関わる重要な役割を果たしています。

注目ポイント

  • 医療機関、健診センター、食品・栄養分野など、幅広いフィールドで高まるニーズ!
  • 日本で唯一臨床検査技師+臨床工学技士のダブルライセンスで就職に強い!
臨床検査技師&臨床工学技士のWライセンスを目指す!臨床技術学科ページはコチラ!
福祉のお仕事

社会福祉士・精神保健福祉士

身体や精神に障害がある人などの、保健・医療・福祉に関する相談に応じ、必要な助言や指導を行う専門家。

社会福祉士・精神保健福祉士

身体や精神の障害、または環境上の理由により、日常生活を送ることに支障がある人や、精神障害を持つ患者様とその家族に対して保健・医療・福祉に関する様々な相談に応じ、必要な助言や指導を行います。福祉制度や福祉サービスに関する専門的な知識と、相談・面接に必要な技術を身につけ、病院や高齢者福祉施設、障害者福祉施設、児童福祉施設、また行政機関などで相談・援助業務を行います。

注目ポイント

  • 高ストレス社会、福祉サービスを必要とする人の増加によりニーズが増大!
  • 福祉系学部就職率ランキング全国第1位!
社会福祉士・精神保健福祉士を目指す!社会福祉学科ページはコチラ!
医療事務のお仕事

メディカルクラーク・ドクターズクラーク

医師・看護師不足問題を解決する救世主として、より高度な医学・医療知識を備えた医療事務・医療秘書分野の専門家。

メディカルクラーク・ドクターズクラーク

医療に関する高度な知識と医療事務・秘書業務全般に関するスキルを併せ持ち、診断書の作成・補助や院内の物品の補充など、医師・看護師のサポートを行います。また、診療や検査の予約、国や健康保険組合に提出する請求書の作成や点検、患者のカルテの管理などの各種事務業務を行い、より質の高い医療サービスの提供に向けて、重要な役割を担っています。

注目ポイント

  • 医師不足を背景に高まる医療秘書・事務分野のニーズ!
  • 「医療秘書・事務」「医療情報」「医療経営」に関する多様な資格取得が可能!
メディカルクラーク・ドクターズクラークを目指す!医療情報管理学科ページはコチラ!
医療情報のお仕事

診療情報管理士

病院で保存される診療記録の管理・整理・点検を行う専門家。

診療情報管理士

診療情報管理士は患者様の治療内容や病状、検査記録を書いたカルテの情報を専門的に扱い、管理を行います。担当の医師が書いた診療内容のチェックや、医師や看護師などの求めがあれば、患者様の治療記録や看護記録などを管理用のコンピュータで検索し情報提供なども行うため、専門的な医学知識はもちろん、情報管理能力や医師や看護師らとの協調性も必要とされます。

注目ポイント

  • 医療IT化の促進により、病院経営や病院運営を左右する診療情報管理士へのニーズが増大!
  • 「医療秘書・事務」「医療情報」「医療経営」に関する多様な資格取得が可能!
診療情報管理士を目指す!医療情報管理学科ページはコチラ!
このページの先頭へ戻る