栄養士(国家資格)

「都道府県知事の免許」を受けた食と栄養のプロフェッショナル。

栄養士になるには、指定の養成施設に通い、厚生労働省が指定する単位を履修し、卒業と同時に都道府県知事の免許を受け、栄養士資格を取得することができます。栄養士は栄養学に基づき、理想的な栄養バランスの献立作成やカロリー計算、調理指導、衛生管理などを行います。

仕事内容

栄養士イメージ

栄養士の約半数は事業所や工場などに勤務し、労働者の健康の保持・増進に向けての給食管理(献立の作成、栄養管理、衛生管理など)や栄養・食指導を行っています。さらに、福祉施設・病院・学校などにも勤務し、給食管理を行うとともに、地域での栄養・食に関する啓発活動も行います。

主な活躍の場

  • 病院など医療機関
  • 介護老人保健施設および社会福祉施設
  • 小学校・中学校
  • 食品・製薬関連企業
  • 事業所・工場

OB・OGレポート

最善の食事環境を目指して

大川 友貴

三和愛宕の園では、“自分の部屋”と“他者との共有空間”を併せ持つ介護ケアの新コンセプトである「ユニットケア」を取り入れ、入居者一人ひとりに合わせた個別ケアを行っています。
その中で、私の業務は“献立作成”と“栄養管理”の大きく2つに分けられます。“献立作成”では季節の食べ物を取り入れ、見た目や栄養状態の良いものを考えて作成しています。また、“栄養管理”では栄養ケアプランというものを立て、他の職種と連携を図り一人ひとりに合わせた食事形態、食事環境の提供を行います。特別養護老人ホームは終(つい)の棲家(すみか)と言われるように、その方の人生の最期を看取ることが多いところです。最期の一口まで携わらせていただくということを常に頭におき、日々の業務を行っています。
大学時代、様々な地域、価値観の友人と数多く出会い、自分の視野を広げることができました。特に、本学は福祉分野に特化したボランティア・サークル活動を数多く行っているので、栄養に関する知識や技術はもちろん、福祉に関しても深く学ぶことができました。
今後、栄養や福祉分野において、食事に対するニーズが多様化していきますので、今まで以上に一人ひとりに合った食事・食事環境の提供方法を考えていきます。

大川 友貴

卒業年度:平成19年度
出身高校:新潟県・新井高校
勤務先:社会福祉法人 上越あたご福祉会 特別養護老人ホーム 三和愛宕の園
職種・職位:管理栄養士・栄養士

始まりは好奇心から

倉島 裕子

私が管理栄養士を目指したのは、献立の立て方や栄養素についての知識をつけたいと思ったからだけではなく、摂取した食べ物が体の中でどのように消化・吸収され、体で利用されるのかに興味を持ったからです。
本学卒業後は、介護老人保健施設に就職し高齢者の栄養管理に携わりましたが、施設に入所する前の状態から患者様へ関わりたいという思いがあり、その後、病院へ転職しました。
現在は、入院患者様の栄養管理・栄養指導、外来での栄養指導、NST(栄養サポートチーム)などに関わっています。当院は総合病院なので、新生児から高齢者まで幅広い年代や様々な病気の患者様がいらっしゃいます。そのため、栄養指導の内容も離乳食や食物アレルギー、生活習慣病、手術後の食事、高齢者の嚥下食等多岐に渡っており、勉強の日々です。
今後は、栄養面だけでなく患者様自身をよく知ることで、一人ひとりに合わせた栄養ケアを行えるようになりたいです。そのためには、日々の業務を大切にして、患者様や他の職種に分かりやすく伝える技術を磨くことを続けていきたいです。さらに、NST専門療法士や糖尿病療養指導士等の専門資格取得も目指したいと思います。

倉島 裕子

卒業年度:平成17年度
出身高校:新潟県・新発田南高校
勤務先:新潟市民病院
職種・職位:管理栄養士・栄養士

※各掲載記事は取材当時のもので、現在変更となっている場合がございます。

この資格取得を目指す! 健康栄養学科

平成27年度
管理栄養士
国家試験合格率
90.5%
全国44.7%
平成28年
3月卒業生
就職内定率
100%