理学療法士(国家資格)

医学の知識と人間の動作に関する高い知識を併せ持つ、リハビリの専門家。

病気、ケガ、老化や過度の運動などにより、身体に何らかの障害をもった人に対して、その基本的動作能力(歩く、立つ、座る、握るなど)を最大限に回復できるように、「運動療法」、電気や水などによる「物理療法」「日常生活活動練習」を行います。「歩行練習」が代表的です。

仕事内容

理学療法士イメージ

病気、ケガ、過度な運動などにより、歩く、立つ、座るなどの基本的な動作に障害を持った人に対して、歩行訓練などの「運動療法」、電気治療や温熱治療などによる「物理療法」などを用いて、その機能を最大限に回復できるようにサポートを行います。また、医学的な知識と身体の動作に関する知識を併せ持つ専門家として、アスリートのケガの予防やリハビリなど、スポーツ分野でも活躍しています。

主な活躍の場

  • 病院等医療機関
  • 介護老人保健施設・社会福祉施設
  • 健康増進・スポーツ関連施設
  • 教育・研究機関
  • 行政機関・保健所 等

365日リハビリの普及により、病院でのニーズが拡大しています。

国が365日リハビリを推進し、病院で活躍する理学療法士のニーズが増加傾向にあります。さらに、超高齢社会を迎えた現在、介護予防や健康増進における役割も拡大し、老人保健施設をはじめとした保健・福祉関連施設での求人も増加傾向にあります。また近年では、スポーツ障害に対するリハビリテーションの重要性が認識され、アスリートをサポートする専門職として理学療法士への期待が高まっています。

OB・OGレポート

患者様の笑顔が私のやりがい

小柳 圭一

私の勤務している神戸市立医療センター中央市民病院は、神戸市の三次救急病院としての機能を担っています。そのため当院には、病気や怪我で一刻を争う患者様が救急車で運ばれてきます。その中で、私は人工呼吸器を使用する患者様や急性期の患者様に対して、医師・看護師・臨床工学技士といった専門職と連携しながら「座る」「立つ」「歩く」といった理学療法を行っています。この時期のリハビリはベッドサイドから始まりますが、その後の患者様の回復に影響するため、私たち理学療法士の役割は非常に大切です。

小柳 圭一

卒業年度:2014年3月
出身高校:新潟県・新津高校
勤務先:独立行政法人 神戸市民病院機構 神戸市立医療センター中央市民病院
職種・職位:理学療法士

希望を与えらえる理学療法士を目指して

佐々木 雄大

現在私は、秋田県の総合病院で理学療法士として勤務しています。総合病院ということもあり、対象となる患者様は様々です。怪我や脳卒中などの体の動きに支障をきたす病気を抱えた方もいますし、呼吸器疾患や心臓病さらには癌といった内臓の問題を抱える方のリハビリテーションも行います。対象となる患者様によって行うリハビリの内容は異なりますが、基本的には動作を円滑にすることと身体状態の管理を目的に仕事を行います。例えば脚の怪我により入院を余儀なくされた方の歩く練習や必要になる関節の動き・筋力アップの練習をサポートして、できる限り早い内に自宅へ帰られるようにしています。

佐々木 雄大

卒業年度:2010年3月
出身高校:秋田県・秋田県立能代
勤務先:秋田県・市立秋田総合病院
職種・職位:理学療法士

※各掲載記事は取材当時のもので、現在変更となっている場合がございます。

教員メッセージ

松本 写真

忘れられない笑顔と涙。

理学療法学科/講師 松本 香好美

余命は長くて5年。新人時代に担当したEさんは人工呼吸器をつけ、意識はありますが寝たきりの状態でまばたきをするだけでした。Eさんには手足のリハビリテーションに加え、肺炎予防や呼吸管理のために呼吸リハビリテーションを行っていました。ある日、ご家族から「主人はいつもベッドの上で同じ天井をみているだけなんですよね」と何気なく言われた一言にはっとしました。そこで医師や看護師、ご家族同伴のもと、3階の病室から見晴らしの良い5階のリハビリテーション室へお連れすると…。Eさんは今までみたことのない笑顔で、きらりと光る涙をこぼしたのです。ご家族も私たち医療スタッフも感無量の瞬間で、この日からEさんの表情も良くなりました。
余命宣告を受けた患者様やご家族のQOL(生活の質)をどのように考えサポートできるか—。少しでも患者様やご家族の立場に寄り添い、行動できる理学療法士になりたいと思うきっかけとなった患者様。あの時の笑顔と嬉し涙は今でも鮮明に覚えています。

この資格取得を目指す! 理学療法学科

2016年度
理学療法士
国家試験合格率
100%
全国90.3%
2017年
3月卒業生
就職内定率
100%