アスレティックトレーナー

スポーツ医科学の知識をもとに、競技力向上のためのトレーニング指導や選手のケアを行う専門家。

アスレティックトレーナーは、日本体育協会公認スポーツ指導者制度に位置づけられ、公認スポーツドクターや公認コーチと緊密に協力し、選手の健康管理や障害の予防、外傷や障害の応急処置を行います。またリハビリテーションやフィジカルトレーニング、コンディショニング等でも活躍する日本体育協会公認資格です。

仕事内容

アスレティックトレーナーイメージ

アスレティックトレーナーは、日本体育協会公認スポーツ指導者制度に位置づけられ、公認スポーツドクターや公認コーチと緊密に協力し、選手のコンディショニングや障害の予防、ケガなどの応急処置を行います。また、選手が監督やチームメイトにも話せない悩みの相談に応じるなど、それぞれをつなぐパイプの役目も担っています。

主な活躍の場

  • プロスポーツチーム
  • 総合型地域スポーツクラブ・民間スポーツクラブ・健康増進施設
  • 病院など医療機関

選手・監督とのパイプ役から生活習慣病の予防まで、社会的な関心と期待がますます高まっています。

アメリカでは、プロ・大学スポーツだけでなく、州によっては高校にも条例でアスレティックトレーナーを設置しなければならないなど、社会全体がその重要性を認識しています。日本でもさまざまな競技がプロ化され、スポーツに対する関心が高まっており、アスレティックトレーナーへのニーズが高まっています。さらに近年では、生活習慣病の予防や健康管理に向けた役割も期待されるなど、活躍の場が広がっています。

OB・OGレポート

スポーツを通して喜びを共有する

石倉 孝樹

私は現在、アスレティックトレーナーとして、スポーツを行っている学生や社会人、トップアスリート、健康の保持増進を目指す地域の方々、リハビリ終了後に体力向上を目指す方々など目的の違う様々な対象者へのサポートを行っています。具体的には、個々に合わせてトレーニングメニューを考え、アドバイスをしながら目標達成のために一緒に頑張っています。

石倉 孝樹

卒業年度:2011年3月卒業
出身高校:加茂暁星高校
勤務先:医療法人 愛広会 メディカルフィットネス ロコパーク
職種・職位:アスレティックトレーナー・健康運動指導士

大学で学んだものを活かせる職場

古川 春平

私は現在、会員制のフィットネスクラブで、アスレティックトレーナーとして働いています。職場では、利用者が入会する際に、その方の姿勢や動作の評価、体組成などを評価して、その方の希望に沿うトレーニングメニューを作成し、目標達成に向けたお手伝いをしています。こうした活動を通して、健常者の方はもちろん体に不安を抱えている方でも、安全にトレーニングが行えるようサポートしています。

古川 春平

卒業年度:2015年3月卒業
出身高校:新井高校
勤務先:医療法人社団KOSMI こん整形外科クリニック メディカルフィットネスKOSMI
職種・職位:アスレティックトレーナー・健康運動指導士

※各掲載記事は取材当時のもので、現在変更となっている場合がございます。

教員メッセージ

柵木 写真

身体のケアはアスリートの命。その大役を担う。

健康スポーツ学科/准教授 柵木 聖也

中学では野球、高校・大学時代では槍投げに取り組み、私自身、スポーツでの怪我を何度も経験してきました。とりわけ高校三年の時、肘周囲筋の肉離れがひどく、数ヶ月にわたりトレーニングを中断。このリハビリの過程で知ったのがアスレティックトレーナーの存在で、自分のように怪我で苦しむ選手を助けたいと、この仕事を目指しました。
1998年、長野五輪で日本代表スノーボードチームのトレーナーを拝命し、代表候補選手を集めた最終合宿に参加した時のこと。技術的にも体力的にも、また精神的にも最良だった最年長のある選手が、代表選手に選ばれなかったのです。大会当日の前走に任命された彼は、それでもくさることなくトレーニングを続けました。そして迎えた本番のスタート直前、彼は私を振り向き「見ていてください。これが俺のオリンピックです!」と言ったのです。ゴーグル越しの彼の笑顔は私に、「この仕事をしていて本当に良かった」と思わせてくれました。

この資格取得を目指す! 健康スポーツ学科

平成28年 3月卒業生
就職内定率
98.4%