救急救命士(国家資格)

仕事内容

救急救命士イメージ

病院へ搬送中の傷病者の救命率を高めるために必要な救急救命処置を行うスペシャリストです。一般の救急隊員が行う応急処置に加えて、高度な救急救命処置を医師の指示によって行うことができます。

主な活躍の場

  • 消防機関
  • 陸・海・空自衛隊
  • 海上保安庁
  • 警察
  • 病院(救命救急センターなど)
  • 民間救急事業所
  • 警備保障会社
  • 般企業(複合施設など) など

プレホスピタルケア(病院前救急救命)を担うスペシャリストとして、”あらゆる救急の場面”で、その知識や技術を発揮できる救急救命士は、消防機関をはじめ、自衛隊や海上保安庁、民間企業など幅広いフィールドで活躍することが期待されています。

救急救命士からのメッセージ

山内 一 写真

人名を救えるか否かは救急救命士にかかっています。

山内 一/講師

航空自衛隊で患者空輸チーム「航空機動衛生隊」の設立に尽力。自衛隊の特殊救急のほか、消防機関へ出向しての救急業務にも従事。その後は医科大学を拠点とした救急救命士・救急隊員の臨床指導を立ち上げる。救急救命士養成校、消防学校、看護学校での教育実績も豊富。

救急救命士の任務内容は多岐にわたり、ありとあらゆる救急要請に対応しなければいけません。そして自身のチカラで傷病者の状態を見抜き、判断する力が求められます。そのため、膨大な知識と迅速確実な技術の修得をしなければならず、たゆまぬ努力が必要です。だからこそ、やりがいはどの医療職種にも負けないと思います。皆さんが本学にて、この魅力あふれる病院前救急救命を学び、尊い生命を守る仲間となってくれることを期待しています。