介護福祉士(国家資格)

介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、利用者の身体や生活、社会活動の支援を行う専門家。

専門知識および技術を持ち、身体上もしくは精神上の障害があることにより、日常生活を営むのに支障がある方の入浴・排泄・食事・その他の介護を行い、その家族など介護者に対して、介護の指導や助言を行います。近年では予防を視野に入れ自立を目指した介護実践を行うことへと変わってきています。

仕事内容

介護福祉士イメージ

介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、介護が必要なお年寄りや障害のある人に対して、日常生活をスムーズに送れるように介助やアドバイスを行います。食事や排泄、入浴の世話などを行う「身体介護」、利用者の身の回りの家事などを援助する「生活支援」、利用者の家族や近隣の住民などと、より良い関係を築けるように支援を行う「社会活動援助」などがあります。

主な活躍の場

  • 市町村社会福祉協議会(訪問介護事業所など)
  • 特別養護老人ホーム・介護老人保健施設などの高齢者福祉施設
  • 障害福祉サービス事業者などの障害福祉施設
  • 総合病院などの医療機関
  • 高齢者・障害者などの居住サービス事業所

介護サービスを必要とする人の増加により、活躍の場がますます広がっています。

少子高齢化などの影響により介護サービスを必要とする人が増えています。また介護に対するニーズも多様化・高度化しています。そのため、介護福祉士にはその多様化・高度化したニーズに的確に対応できる質の高い人材が求められており、数の確保と同時に、より高度な専門的能力と、保健・医療分野の幅広い知識を有し、質の高い介護サービスを提供することのできる人材が強く求められています。

OB・OGレポート

クライエントの声と笑顔が励みです!

瀧川 凌平

生活相談員の業務内容はとても幅広く、入居者のQOL向上を図ることはもちろん、その家族との連絡や相談の受付、さらには数百名いらっしゃる待機者の方々の確認や新規入居へ向けての調整を行わなければなりません。主な内容としては、新規入居の契約、各種カンファレンスへの参加、ご家族や関係機関との連絡調整、そのほか、日々の電話対応や施設の苦情受付担当者としての業務があります。
私は、大学時代、「介護福祉コース」を選択しました。そのことにより実習の機会が通常より多くあり、教科書だけでは得ることのできない活きた学びを経験をすることができました。また、高齢者福祉分野の知識を深められたことは、社会福祉士国家試験合格の追い風となったと思います。
今後は、介護支援専門員の資格を取得したいと考えており、ゆくゆくは施設のすべてを任せてもらえるような人材になりたいです。そのために、まずは目の前のことを一つひとつ確実にこなして成長していきたいです。

瀧川 凌平

卒業年度:2013年3月
出身高校:新潟県・佐渡総合高校
勤務先:社会福祉法人 愛宕福祉会 特別養護老人ホーム 新穂愛宕の園
職種・職位:社会福祉士・介護福祉士

※各掲載記事は取材当時のもので、現在変更となっている場合がございます。

教員メッセージ

岡田 写真

目的を持って生きる人の輝きに触れて。

社会福祉学科/教授 岡田 史

皆さんは伝記を読んだ経験はありますか?私は小さい頃から伝記を読むことが大好きで、未知の世界に行って活躍したり、自分を惜しまず人々のために活動したり、産業を興したりといったお話を夢中になって読んだものです。なかでも、シュバイツアーやナイチンゲール、ロバート・オーエンは、自分の人生の目的を人々の幸せの中に求めていて、子ども心にもそんな魅力的な生き方をしたいと思っていました。
その後、高校生になって、いよいよ自分の進路を決める時、進路先を迷っていた私は、親友のお姉さんに相談をしました。彼女は当時、福祉系の大学に通っており、将来は「福祉の仕事」に就き、親のいない子ども達のための施設を作りたいと、熱く語ってくれました。彼女の前向きで具体的なビジョンに、はっとさせられた私。それは子どもの頃、偉人の生き方に魅了されたことと同じくらいのインパクトで、「人のために自分を活かす方法」が現実にあることを教えてくれたのです。

この資格取得を目指す! 社会福祉学科

平成28年 3月卒業生
就職内定率
100%