視機能科学科現場からのメッセージ

※各掲載記事は取材当時のもので、現在変更となっている場合がございます。

常に眼科分野のエキスパートであり続ける

落合 竣

私は、新潟大学医歯学総合病院に勤務しており、多岐に渡る眼科一般検査を担当しています。また、臨床研究にも力を入れています。外来では、親しみやすい視能訓練士として患者様と医師との架け橋となり、外来が終われば学会発表の準備を行うなど充実した日々を送っています。

落合 竣さん

勤務先:国立大学法人 新潟大学医歯学総合病院
職種・職位:視能訓練士

Q現在視能訓練士としてどのような活動をしていますか

私は、新潟大学医歯学総合病院に勤務しており、多岐に渡る眼科一般検査を担当しています。また、臨床研究にも力を入れています。外来では、親しみやすい視能訓練士として患者様と医師との架け橋となり、外来が終われば学会発表の準備を行うなど充実した日々を送っています。

Q視能訓練士を目指す上で、必要な資質は何ですか

視能訓練士は、日々進化する眼科分野において常にエキスパートでなければなりません。日々感じる疑問や興味・関心を調べること、先輩に聞くことは重要だと思います。自分の知らないことや、興味のある分野の知識や技術を学ぶ探究心があることは良い視能訓練士になる資質の一つであると考えます。

Q仕事のやりがいは何ですか

視能訓練士は、自分の知識や技術を用いた検査を通して、患者様から感謝の言葉をいただくことができます。逆に自分の知識や技術が足りなければ未熟であることも直接痛感することになります。視能訓練士は、学んだ分だけ検査のスキルが向上し、それにより患者様から頼ってもらえるとてもやりがいのある仕事です。

Q大学では何を学んできてほしいですか?

視能訓練士は患者様と密接に関わり、大抵は患者様と一対一で検査を行います。教科書の内容は仕事を行う上で必要なことですが、臨床にでないと分からない事が多くあります。専門知識を学ぶことはもちろんですが、大学生のうちはコミュニケーション力を学んできてほしいと思います。友人や先輩、、時にはアルバイトで色々な人と関わりながら学生生活を送って欲しいです。

Q視能訓練士の将来性について教えてください!

視能訓練士の認知度は一般的には低く、まだまだマイナーな職業であると言えます。しかし眼科には必要不可欠な存在であり視能訓練士なしでは眼科は成り立たちません。2011年以降は1年間の眼科勤務により取得することができた眼科コメディカルは廃止されています。このことにより、高水準な医療を行うために視能訓練士が必要とされています。さらに学会発表でも視能訓練士の活動は多く見られます。視能訓練士として博士号を取得し海外で研究発表を行うこともあり、活躍の場は多岐に渡ります。

Q視能訓練士を目指す高校生にメッセージをお願いします!

視能訓練士は今、注目されている医療技術職の一つです。まだ歴史は浅く認知度も高くありません。しかし患者様側からも、医師、看護師、医療事務など他職種のスタッフからも必要とされ重要な役割を担っています。聞きなれない視能訓練士という職業に関して分からないことは多いと思いますが、目に興味がある人であれば楽しみながらやりがいのある職業であると思います。

「見る」大切さを伝える

中原 尚美

外界刺激のほとんどが眼から得られると言われており、その眼の機能は乳幼児期にほぼ完成します。視能訓練士の職務には、子どもたちの「視機能の異常を見つけること」そして「見る力を育てること」という大きな役割もあります。それには、視能訓練士の斜視や弱視を「診る力」が必要だと考えています。

中原 尚美さん

勤務先:地方独立行政法人 長野県立病院機構 長野県立こども病院 眼科
職種・職位:リハビリテーション技術科 視能訓練士

Q視能訓練士に必要なものは何ですか

外界刺激のほとんどが眼から得られると言われており、その眼の機能は乳幼児期にほぼ完成します。視能訓練士の職務には、子どもたちの「視機能の異常を見つけること」そして「見る力を育てること」という大きな役割もあります。それには、視能訓練士の斜視や弱視を「診る力」が必要だと考えています。

Q視能訓練士の将来性について教えてください

医療の進歩により、医療ケアを行いながら病気や障がいと共に社会生活を送れるようになりました。一方で、自宅での医療ケアを必要とする方々もいます。その中には、眼に心配を抱える患者様も多くいることと思います。今後はこのような在宅医療の場面でも、視能訓練士が役に立てる場面も出てくるのではないかと考えています。

Q視能訓練士を目指す高校生にメッセージをお願いします

視能訓練士は、あまり知られていない専門職だと思いますが、人間の感覚の中でも大きな割合を占める「見る」という働きに携わる国家資格です。私は、視能訓練士になって「見る」ことの大切さをたくさん感じ、とても良い仕事だと実感しています。

Q大学では何を学んできてほしいですか?

眼科を受診する患者様は、高齢者や乳幼児、障がいを持った方が多くの割合を占めています。業務を滞りなく行うには、視能訓練士として働くための知識や技術を学ぶことは、必要不可欠ですが、眼科を受診する患者様の特性や高齢者、乳幼児、障がい者などを取り巻く社会的環境について学ぶことも面白いと思います。ロービジョンケアや斜視や弱視の治療では、社会福祉と関わることも多いので、そのような学びが役に立つと思います。

Q視能訓練士を目指す上で必要な資質はなんですか?

斜視や弱視の外来は、患者様一人ひとりにあった検査や治療を行います。目の状態を診て、どんな検査が必要で、どんな治療が必要かを「判断する力」があると、斜視や弱視の検査や治療は怖くないです。また、検査の必要性や治療への理解や協力を得るためには、患者亜sまやご家族と様々な話をし、コミュニケーションをとり、信頼関係を築くことも大切です。「話し上手、聞き上手」であると良いかと思います。

Q現在のお仕事を「一言」で表すと?

一言で表すことが難しいですが、強いて言うと「責任あるお仕事」だと思います。視能訓練士という国家資格を持ち働くので、責任感を持って仕事をしなくてはいけません。また、社会の一員として、自身の持っている国家資格を活かし、それを社会の役に立てるという思いもあります。そう思って働いていると、やりがいも感じます。

日々感じるやりがい

市村 美香

市村 美香さん

勤務先:国立大学法人 新潟大学医歯学総合病院
職種・職位:視能訓練士

Q視能訓練士とはどのようなお仕事ですか

視能訓練士の仕事内容は、小児から高齢者まで幅広い年齢の方を対象に、視力検査をはじめ視野検査、眼位検査、画像検査など多岐にわたっています。また、いずれの検査も知識さえあればできるといったものではなく、迅速かつ正確な検査結果を出すためには練習と経験が必要です。視能訓練士が実施するこれら検査の結果は、患者様の診断・治療に繋がっていくため、眼科診療において欠かすことのできない存在であり、とてもやりがいのある仕事だと感じています。

Q視能訓練士を目指すうえで、必要となる資質は何ですか

様々な検査を行ううえで、患者様自身に症状をお聞きすることが多く、必要な情報を正確に聞き取ることが大切です。また、患者様には子どもから大人まで幅広い年齢層の方がいるので、それぞれの年代にあわせたコミュニケーション能力が必要となります。

Q現在のお仕事を「一言」で表すと何だと思いますか

「考える仕事」
より正確な検査を行うためには、疾患の特徴や症状などを“考え”ながら検査することが大切です。また、少しでも症状が改善できる方法を常に“考え”て日々の業務に取り組んでいます。

「診る(見る)」ではなく「知る」

中野 寿

中野 寿さん

勤務先:福島県厚生農業協同組合連合会 坂下厚生総合病院
職種・職位:視能訓練士

Q視能訓練士として大切にしていることは何ですか

私は、仕事をするうえで「診る(見る)」のではなく、「知る」ことを大切にしています。病院の眼科に来院される患者様には高齢者も多く、その症状も目が見づらい、足が不自由など様々です。こうした多様な患者様に、各種の検査をスムーズに行っていただくためには、同じような話し方、マニュアル通りの介助方法ではなく、患者様一人ひとりに合ったコミュニケーションをとり、患者様を深く知ることが大切だと考えています。

Q視能訓練士の将来性について聞かせてください

眼科医療の進歩により、様々な疾患の治療ができるようになってきていますが、それでも様々な理由により、視覚的な不自由さを感じている患者様が数多くいます。そのため、近年では、このような患者様の視機能を回復させる“ロービジョンケア”を行うことのできる視能訓練士へのニーズが高まっています。

Q本学入学を目指す高校生にメッセージをお願いします

視能訓練士は、眼科医療の中でなくてはならない存在であり、医師にも患者様にも頼りにされるやりがいのある仕事です。新潟医療福祉大学で学び、楽しい学生生活を通じて、現場に出てからも相談し合える仲間を数多くつくってください。

視覚リハビリテーションの担い手として

相馬 睦

人は、情報の約9割を視覚から得るといわれ、この視覚に障害が生じた際に、“視覚リハビリテーション”が必要になります。
“視覚リハビリテーション”とは、残っている視力や視野を最大限に使って、見づらさのために「できにくくなったこと」を「できる」ようにしていくことです。近年、眼科におけるロービジョン(低視覚)ケア(=視覚リハビリテーション)が、視能訓練士の重要な仕事の一つとなっています。
また、視能訓練士は、拡大鏡など補助具の選定や使用訓練、地域での生活サポートのための教育・福祉・介護に関わる情報の提供なども行います。患者様が初めに訪れる眼科で視能訓練士がケアを開始することは、早い段階からのQuality of Life(生活の質)向上に繋がりますが、眼科だけでは解決できない問題もあり、そのような場合は、多職種との連携が必要となります。
皆さんも総合大学である新潟医療福祉大学でチーム医療を学び、責任を持って自分の役割を全うしてください。

相馬 睦さん

勤務先:獨協医科大学 越谷病院
職種・職位:視能訓練士・視覚障害生活訓練指導員(歩行訓練士)

Qこれから専門職を目指す学生たちに、大学では何を学んできて欲しいですか?

「基礎」をしっかり固めて欲しいと思います。日々進歩し変化していく事柄など仕事についてからも学ぶことはたくさんあり、知識を更新し積み上げ続けることが必要です。学生時代に、基礎的な内容を習得しているかどうかは、将来出合う様々な事柄への“気づき”と“吸収”に大きな差が出るに違いありません。

Qこの専門職を目指す上で、必要となる資質は何ですか?

「協調性」と「責任感」
視能訓練士だけで出来る仕事は、まずありません。医師や看護師など他の職種と協力して初めてスムーズな診療が成り立ちます。また、眼科だけで解決できない問題には、他科・多施設との連携が必要な場合もあります。自分の持ち場をしっかり守れなければ他と支え合うことはできません。チームとして対等な立場であるためにも責任を持って自分の役割を全うすることが重要です。

Qこの分野の今後の展望や将来性についてお聞かせください。

視能訓練士は斜視・弱視の視能矯正という専門分野から業務がスタートしましたが、今では視力・視野をはじめとする眼科一般検査、3歳児健診などの検診業務、リハビリ指導へと業務分野は拡大し、活躍の場が広がっています。検査結果から日常生活の不自由を推し量り、患者さんのライフステージに合わせて必要なニーズを引き出し、環境を整える支援ができるような視能訓練士が今後ますます求められることでしょう。

Q現在のお仕事を「一言」で表すと何だと思いますか? また、その理由も教えてください。

「“生きやすさ”へのパイプ役」
視覚に障害を持つ人にとって“見える人仕様”の社会は不便なことや苦労することばかりかもしれません。視覚障害は見かけではわかりにくく理解されづらい障害でもあります。上手に周囲の支援を受けながら患者さん自身が力を発揮し、安全に過ごしていただきたいと思います。見づらさを持ったまま地域に戻る患者さんの道具や環境を整えることで、出来る限り“生きやすい日常生活”へつなぐことが最終的な使命であると考えます。

Q本学入学を目指す高校生にメッセージをお願いします。

同じ目標に向かう仲間との4年間はきっとかけがえのない時間になるでしょう。いろいろなことに挑戦し、たくさんの友人を作って学生生活を謳歌してください。「知力」は、もちろん大切ですが何をするにも最後にものをいうのは「気力」と「体力」。心も身体も健康な視能訓練士となった皆さんに、お目にかかる日を楽しみにしています。

視能訓練士の必要性が高まっています!

宮本 大輝

私の勤めている総合病院では、子どもから大人まで幅広い年代の患者様が来院され、様々な病気や症状がある患者様を検査します。そのため、日々多くのことを経験し、専門知識を深く学ぶことができます。
患者様とコミュニケーションをとることは、迅速かつ正確な検査結果を得るためにとても重要なことであり、正確な検査結果を出すことは、正確な診断・治療に繋がり、ひいては患者様の眼を守ることにも繋がります。
2010年を機に、眼科コメディカル(OMA)の全国統一試験が廃止され、高い医療水準が求められる現代では、無資格者の医療行為について寛容ではなくなりました。そのため、医療の現場では視能訓練士へのニーズがより一層高まっています。
今はまだ、視能訓練士という職業を知らない人は多く、社会的な認知度は低いかも知れませんが、これからは、眼科を支える重要な職業としてこれまで以上に必要性が高まっていくと思います。

宮本 大輝さん

勤務先:国立大学法人 新潟大学医歯学総合病院
職種・職位:視能訓練士

Qこれから専門職を目指す学生たちに、大学では何を学んできてほしいですか?

しっかりとした知識をつけることが、最も大切だと思います。しかし、知識がどれだけあってもコミュニケーションが上手くいかないと無意味になってしまいます。特に私たち視能訓練士は患者さんと会話しながら検査を行うことが多いので、コミュニケーション能力も専門的知識に加えて学べるとよいと思います。

Qこの専門職を目指すうえで、必要となる資質は何ですか?

「傾聴する」事だと思います。視能訓練士業務では自覚的検査が多く、患者さんの自覚を評価しなければなりません。評価をするにあたって傾聴し、専門知識に沿って検査を進めていきます。他覚的な検査も多くありますが、患者さんの評価を円滑に行うためにも「傾聴する」という行動は必要だと思います。

Qこの分野の今後の展望や将来性についてお聞かせください。

平成23年度を機にして眼科コメディカル(OMA)の全国統一試験が廃止されました。高い医療水準が求められる現代では無資格者の医療行為について寛容ではなくなり、より専門性をもつ視能訓練士の必要性を再認識されています。まだ視能訓練士という職業を知らない人は多く、認知度は低いかも知れませんが、眼科を支える重要な職業として今まで以上に必要とされると思います。

Q現在のお仕事を「一言」で表すと何だと思いますか? また、その理由も教えてください。

一言で表すと「知ること」だと思います。視能訓練士の業務は常に患者さんが隣にいます。患者さんを知ることが業務内容でもあります。それに加えて、現代の医療は日々進歩しています。特に私は大学病院で勤務しているため、最新の機器を使った検査や学会発表や出席など新たに知ることが数多くあります。私にとって「知ること」は視能訓練士としてやりがいを感じ、楽しく仕事をするうえで必要なものです。

Q本学入学を目指す高校生にメッセージをお願いします。

本校の入学を目指しているということは、それぞれ興味のある専門的な道を目標にしているはずです。目標を達成することは簡単なことではありません。しかし、学生生活は苦しいこともある分、楽しみも多くあるとい思います。専門分野で切磋琢磨できる友人を見つけ、学生生活だけではなくこれからの人生の糧になるようなキャンパスライフを送れるといいですね。

毎日が新しい発見の連続

宇田川 さち子

眼科一般検査の他に眼の網膜の断面や視神経の形状の測定、弱視斜視外来など視能訓練士の業務は多岐に渡ります。
また、臨床研究や学会発表も積極的に行うことで、専門的な知識が深まり、さらに臨床が楽しく充実したものになることを実感しています。常に「考えて」検査をすると、毎日新しい発見や吸収するものが必ずあります。それは、視能訓練士になり8年目を迎えた現在でも変わりありません。
視能訓練士のバイブルには「よき視能訓練士の助けを経験した眼科医は、もはや視能訓練士なしでは生きてゆけない。(Dr.Hugonnier)」という言葉が書かれています。眼科診療にとって、視能訓練士はなくてはならない存在であり、患者さんへの関わりや臨床研究の成果が患者さんのQuality of visual lifeを支える一助となれるように日々の仕事に取り組んでいます。

宇田川 さち子さん

勤務先:金沢大学附属病院 眼科
職種・職位:視能訓練士

学べば学ぶほど奥深いやりがい

昆 美保

私は現在、診断や治療に必要な眼科一般検査を行うことに加え、白内障、緑内障、糖尿病網膜症、レーシック、斜視などの手術に必要な精密検査等を行っています。
視能訓練士という職業は、眼科の中で多岐に渡る臨床検査、医療相談部門からリハビリテーションに至るまで、あらゆる機能を統括した役割を担っているのが特徴です。医師と患者様の架け橋となり、教育や福祉などの関連職種との連携も必要なので、学べば学ぶほど奥が深いやりがいのある仕事だと感じます。人工レンズの開発やレーザーによる屈折矯正手術の発展に加え、日常的に3D の映像が飛び込んでくる昨今、視能訓練士のニーズは、ますます高まっています。また、夜勤がないため子育てとの両立がしやすく年齢を重ねても頑張ることができる貴重な専門職です。

昆 美保さん

勤務先:学校法人 岩手医科大学附属病院 視能訓練室
職種・職位:視能訓練士

視機能科学科 メニュー

視機能科学科トップ 教育内容の特色・資格
カリキュラム 施設・設備
ゼミ紹介 学外実習
在学生メッセージ 卒業後の進路
現場からのメッセージ 学科紹介動画
PCサイトを見る