作業療法学科教育内容の特色・資格

学びの特色

作業療法士が求められるすべての領域を学ぶ

イメージ図

作業療法士は、“人の生活”に密接に関わりながら心身機能を回復させ、地域活動への参加を支援する専門職です。現代では「からだ」の機能回復だけでなく、「こころ」「子ども」「高齢者」など、多様な領域で作業療法士の専門性が求められています。本学科では、これらすべての領域に関する専門科目を配置し、あらゆる現場で活躍できる作業療法士を育成します。

全国トップクラスの教師陣

イメージ図

全国でも数少ない専門作業療法士や認定ハンドセラピストをはじめ、医師や介護支援専門員など作業療法士に関連する多様な資格を持つ教員が多数在籍しています。また、全国の作業療法士養成校で使用されている教科書の執筆に携わる教員や特別支援学校へのサポート活動を行う教員など、様々な領域で第一人者として活躍している教師陣から指導を受けることができます。

教師による教科書等の執筆

イメージ写真

本学科には、全国の作業療法士養成校や現役の作業療法士が使用している、様々な教科書や参考図書の執筆に携わっている教師が数多く在籍しています。本学教師が執筆に携わった書籍の中には、国家試験対策用として使用されている書籍や、一般の方向けに作業療法士のお仕事ややりがいなどを分かりやすく伝えている書籍などもあります。このように作業療法の各分野で幅広い活躍をしている教師の指導を受けることができるのは、本学科の大きな特色の一つです。

世界作業療法士連盟認定校

本学科は、4年間で実習時間1,000時間以上の国際基準を満たした世界作業療法士連盟(WFOT)認定校で、世界基準の作業療法士を育成します。

充実した設備環境と独自の授業展開で実践的な知識と技能を修得

豊富な学外実習環境

作業療法士が関わるすべての領域において、100ヵ所以上にもおよぶ学外実習先を確保しています。学生は希望する領域での実習を通して、将来に直結した高い専門性と実践力を身につけることができます。

イメージ写真

病院で勤務する現役の作業療法士による授業展開

病院などで勤務する現役の作業療法士を招いて行われる授業があり、実体験を交えた講義を聞くことで、教科書だけでは分からないより深い理解を得ることができます。

患者様を招いて行われる実践的授業

実際の患者を対象に身体障害に関する評価・検査などを行う授業を実施しています。臨床現場を想定した実践を通して患者の障害像を理解するだけでなく、障害に対する治療・援助の技法についても学ぶことができます。

全国トップクラスの合格実績と就職実績

2016年度作業療法士 国家試験合格率

イメージ図

13年連続で全国平均を上回る合格実績!
教員による個別指導に加え、成績上位学生をリーダーとしたグループ学習を推進し、開学以来13年連続で全国平均を上回る合格率を達成!

2017年3月卒業生 就職内定率

イメージ図

卒業生のほぼ全員が病院で活躍!
第1期生の卒業以来、13年連続で就職内定率100%を達成!大学病院や総合病院など、希望するフィールドへ就職しています。

(2017年4月30月現在)

作業療法士国家試験 合格率推移

イメージ図

学科長メッセージ

作業療法学科長 大山峰生教授写真

大山 峰生
Mineo Oyama
作業療法学科長
教授

作業療法士を目指すなら、有意義に楽しく学べる我が作業療法学科へ!

人の価値観や生活スタイルが多様化している今日において、作業療法士の活躍がますます期待されています。作業療法士には、心の構造や身体機能を理解するための専門知識の他、高齢者や心身に障がいを持った方々に対し、客観的な事実を根拠に支援する技能が求められます。本学科では、身体、精神、高齢、発達領域の専門教員による興味深い実践的授業に加え、段階的に学ぶ充実した学外実習を行いますので、作業療法に必要な知識と技能を効果的に得ることができます。また本学科で得た知識と技術は、就職する際の手助けにもなります。将来、研究者や教育者を目指す方においても、大学院への進学が可能となるような指導体制を整えております。保健・医療・福祉領域に関心があり、作業療法士を目指される皆さん、本学科で共に頑張りましょう。

目標とする資格

作業療法士(国家資格) 作業療法とは、身体または精神に障害のある者、またそれが予測される者に対し、その主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復、維持および開発を促す作業活動を用いて、治療、指導および援助を行うことです。

取得可能な学位

学士(作業療法学)

作業療法学科 メニュー

作業療法学科トップ 教育内容の特色・資格
カリキュラム 施設・設備
ゼミ紹介 学外実習
在学生メッセージ 就職状況
OB・OGレポート 学科紹介動画
PCサイトを見る