言語聴覚学科在学生メッセージ

Student's Message #03

小林 宏平写真

言語聴覚学科 3年
小林 宏平
新潟県
新津高校出身

学外実習で得られた実践力とコミュニケーション力!

本学科では、2年次に専門領域が異なる3カ所の病院や施設で見学実習を行い、3年次には1カ所の病院または施設で3週間の評価実習を行います。私は、介護老人保健施設で評価実習を行い、毎日がとても充実した実習を行うことができました。学外実習では、講義で学んだ知識だけではなかなかイメージで きなかった、対象者への支援や評価の方法を肌で感じることができました。実習終了時には、実践力やコミュニケーション力を高められたと実感しています!

Q&A

Qあなたの思う「言語聴覚士」に大切なことは?

「言語聴覚士」に大切なことは、患者様との信頼関係だと思います。病院などでケアを行う際には、患者様との信頼関係が重要になると考えているからです。そのためにも、常に患者様やそのご家族の立場に立ったリハビリテーションを心がけていきたいと思います。

Q言語聴覚士を目指したきっかけは何ですか?

私は元々、将来は何かしらの資格を取りたいと思っていました。高校生の時に言語聴覚士という職業を知り、自分なりに本やインターネットで調べてみたり、オープンキャンパスに参加したりすることで言語聴覚士について知ることができ、将来は言語聴覚士になりたいという明確な目標ができました。言語聴覚士は、「話す、聞く、食べる」など学べる分野が多く、将来就職するにあたり活躍の場が多いことが魅力だと思います。そして、いずれもそれらは日常生活と切っても切り離せない存在です。これらの機能に障害を持っている方をサポートできたらと思い、言語聴覚士になろうと思いました。

(2)進学先として本学・所属学科を選んだ理由についてや

新潟医療福祉大学は全国の養成校と比較しても高い就職率を達成しており、その中でも言語聴覚学科は毎年100%に近い就職率を達成しています。また、国家試験合格率も全国トップクラスです。そして、言語聴覚学科に限らず、本学は数多くの専門職を学べる環境・学科があります。講義などで他の学科の学生と一緒になることも多く、チーム医療において重要な「連携」を知ることができました。また、言語聴覚士はリハビリ職でもあるので、他のリハビリ専門職が何を学んでいるのかを他学科の友人に聞ける環境があることもよいと思います。実習をしたり、就職するにあたり他部門についての情報交換ができるのは必ず将来に活かせると思います。

Qオープンキャンパスに参加する高校生にメッセージをお願いします!

私は高校3年生の夏にオープンキャンパスに参加しました。オープンキャンパスは自分が興味を持っている学科について知ることができる貴重な場です。学科についてのビデオを見たり検査体験をさせて頂いたり、自分が大学に入ったらどんなことを学ぶのかを明確に知ることができました。オープンキャンパスには学科の先輩もいらっしゃるので分からないことや疑問点はその場で質問して不安を解消することができます。

Q本学を目指す高校生にメッセージをお願いします!

言語聴覚学科では、充実した施設、設備の下で同じ志を持った仲間たちと将来言語聴覚士になるための専門知識を学ぶことができます。今はまだ不安なこともあるかもしれません。私も高校生の時は講義についていけるだろうか、本当に言語聴覚士に向いているのだろうかなど不安が一杯でした。しかし、今は本学・本学科を選んで良かったと思っています。一緒に言語聴覚士を目指しましょう!

  MON TUE WED THU FRI
1限 成人言語障害学II   小児言語
障害学III
聴覚障害III
演習
聴覚障害II
演習
2限      
3限 高次脳機能
障害学
成人発声発語
障害学II
小児言語
障害学III
小児言語障害学演習 成人言語
障害学演習II
4限 成人発声発語
障害学演習
聴覚障害II演習 成人発生発語
障害学III
5限 言語聴覚
障害概論
    保健統計学 摂食・嚥下障害学
演習

※学生の在籍学年は2016年度在籍時のものです。

言語聴覚学科 メニュー

言語聴覚学科トップ 教育内容の特色・資格
カリキュラム 施設・設備
ゼミ紹介 学外実習
在学生メッセージ 就職状況
OB・OGレポート 学科紹介動画
PCサイトを見る