トピックス&ニュース

3月3日(金)『新潟水俣病と共に生きるフォーラム』開催

【連絡先】新潟医療福祉大学
入試広報部 TEL:025-257-4459 FAX:025-257-4456

この度、3月3日(金)、平成27年度新潟水俣病関連情報発信事業(新潟県)の一環として、「いのちの大切さ~新潟水俣病と共に生きるフォーラム~」を開催することとなりました。

今回のフォーラムは、伊勢みずほさんによる基調講演「いのちの大切さ」、中学生と大学生による「現地学習や患者さんとの交流で得た学びの報告」、福祉専門職である本学卒業生から「新潟水俣病との関わりが現在の仕事にどのように活きているかの報告」を受け、いのちの大切さをあらためて問い直し、患者の皆さんが願うこれからの社会のあり方や、これからの世代に期待することなどについ、患者の皆さんをはじめ、市民や関係者の方々と共に考える機会とします。

つきましては、本フォーラムにつきまして、広く県民の皆様に周知いただきたく、取材・報道くださいますよう何卒宜しくお願いいたします。

平成28年度 新潟水俣病関連情報発信事業【新潟水俣病と共に生きるフォーラム】開催概要
■日時
 3月3日(金)13:30~15:30
■会場
 新潟東映ホテル2階 朱鷺の間
■会次第
 1)基調講演「いのちの大切さ」
 フリーアナウンサー 伊勢みずほさん
 2)実践報告「未来への発信~新潟水俣病からの学びを通じて~」
 新潟市立南浜中学校1年生 金田麻菜華さん、南 優芽花さん
 新潟医療福祉大学 社会福祉学科3年生 大竹 高弘さん
 3)卒業生による報告
 新潟市中央区保護課 主事 平田佳菜江さん(新潟医療福祉大学 社会福祉学科 卒業生)
 (コーディネーター)
 フリーアナウンサー 伊勢みずほさん
 新潟水俣病安田患者の会事務局長 旗野 秀人さん
 新潟医療福祉大学 社会福祉学科 准教授 五十嵐紀子さん
 ※参加者…学生、市民、関係団体及び新潟水俣病に関心のある方(定員70名)

>>社会福祉学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/welfare/sw/