トピックス&ニュース

【社会福祉学科】新潟市立南浜中学校総合学習に社会福祉学科3年生4名が参加しました。

平成29年1月18日(水)に行われた、新潟市立南浜中学校1年生の総合学習「水俣病を語り継ぐ」に、熊本県水俣市における現地学習プログラムに参加した社会福祉学科3年生4名がパネリストとして参加しました。熊本県水俣市で学んだ中学生2名とともに、水俣病について学んだこと、学びから気づいたこと、気づきを基にどのような視点や行動を心掛けていきたいかなどを報告しました。

後半は、地域の方を交えてのグループワークに参加しました。地域の方からは、「当時は新潟水俣病について住民同士で話題にしたことがなく、今日初めて知った事実も多い」「新潟水俣病だとわかると、就職や結婚ができなくなるから、ひたすら隠していた家もあったそうだ」という、新潟水俣病発生当時の貴重なお話を聞くことができました。

公害が地域住民の生活に与えた影響は、今も完全には解消されていません。新潟水俣病発生から51年が経過した今だからこそ、若い世代が新潟水俣病について学び、語り継ぐことの意味や手法が問われていると考えさせられました。また、当時の状況を知る地域の方から話を聞き、共に今後の地域のあり方について考えることができる、とても貴重かつ有意義な機会となりました。

>>社会福祉学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/welfare/sw/

画像1 画像2 画像3