スポーツチャンネル


男子サッカー部

チーム紹介

チーム集合写真アルビレックス新潟取締役 若杉 透 顧問(健康スポーツ学科教授)、前桐光学園監督、中国のプロチームを率いた実績をもつ佐熊裕和監督のもと、アルビレックス新潟をはじめ、地域スポーツと連携した新しいかたちのクラブ強化、選手・指導者育成に取り組んでいます。北信越大学サッカーリーグ1部、新潟県サッカーリーグ1部に所属する男子チームは、アルビレックス新潟専用グランドに隣接するアルビレッジ(JFA公認人工芝)を使用して練習を行い、総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント出場、全日本大学サッカー選手権大会出場、北信越フットボールリーグ昇格を目指します。また、新潟県成年男子国体選抜チームの強化・試合運営・審判・記録員の育成を目的とした、新潟県サッカースーパーリーグ(水曜日ナイター試合)にも参加します。
シーズンオフには、部員全員が新潟県ブラインドサッカー協会(新潟フェニックスファイヤーズ)ご指導のもと、障害者と健常者が力を合わせて行う「ブラインドサッカー」に取り組みます。


これまでの主な戦績

●平成26年度

  • 第42回北信越大学サッカーリーグ1部 4位
  • 第38回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント北信越大会 ベスト8
  • 新潟県サッカーリーグ1部 準優勝
  • 2014新潟県大学・高専秋季サッカーリーグ 優勝
  • 2014新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯 第19回新潟県サッカー選手権大会 ベスト4

●平成25年度

  • 北信越大学サッカーリーグ1部 4位
  • 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント北信越大会 3位
  • 新潟県サッカーリーグ1部 優勝
  • 新潟県大学・高専秋季サッカーリーグ 優勝
  • 新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯新潟県サッカー選手権大会 ベスト4

●平成24年度

  • 北信越大学サッカーリーグ1部 優勝
  • 全日本大学サッカー選手権大会 出場(3年ぶり3回目)
  • 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント北信越大会 準優勝
  • 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント 出場
  • 新潟県サッカーリーグ1部 5位
  • 新潟県大学・高専秋季サッカーリーグ 優勝
  • 新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯新潟県サッカー選手権大会 ベスト4

●平成23年度

  • 北信越大学サッカーリーグ1部 4位
  • 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント北信越大会 3位
  • 北信越フットボールリーグ2部 7位
  • 新潟県大学・高専秋季リーグ 優勝

●平成22年度

  • 新潟県大学・高専春季リーグ 優勝 、 新潟県大学・高専秋季リーグ 優勝
  • 北信越大学サッカーリーグ1部 7位
  • 北信越フットボールリーグ2部 4位

●平成21年度

  • 新潟県大学・高専春季リーグ 優勝 、 新潟県大学・高専秋季リーグ 優勝
  • 北信越大学サッカーリーグ1部 優勝
  • 全日本大学サッカー選手権大会 出場(2年連続2回目)

監督からのメッセージ

佐熊裕和監督の写真
向上心!

2005年度に発足した男子チームは、多くの方に支えていただき、2008年度・2009年度と2年連続で全日本大学サッカー選手権(インカレ)出場しました。また、2012年度は全日本大学サッカートーナメント(総理大臣杯)にも出場しました。インカレや総理大臣杯で学んだことを忘れず、部員1人1人が更なる向上心を持って練習に取り組むことを期待しています!

<経歴>
前桐光学園高等学校サッカー部 監督

元梅県客家足球倶楽部監督(中国サッカーリーグ)

(公財)日本サッカー協会公認 S級コーチ


指導者からのメッセージ

新潟からの情報発信!

本学サッカー部は、佐熊裕和監督のもと人間教育を第一に強化クラブとして競技力向上・学生の指導者育成を図っています。2008年度は創部4年目にしてインカレ初出場を果たし、筑波大学と対戦しました。2009年度には2年連続となる出場で駒澤大学、2012年は中央大学と対戦しました。今年度は、女子強化部も2年連続のインカレ出場を果たしています。指導者養成では、2009年度〜2014年度の間に公益財団法人日本サッカー協会公認C級コーチを95名輩出しました。今後は更に基礎整備、強力なチーム力の構築を目指し人間性豊かな素晴らしい人材をここ新潟から日本へ、そして世界へ輩出していきたいと考えます。

<経歴>
前アルビレックス新潟 トップチーム強化部長

前アルビレックス新潟 育成総括部長

前アルビレックス新潟 取締役

(公財)日本サッカー協会公認 S級コーチ

(公財)日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ(指導者養成担当)


田中泰裕コーチの写真
夢の実現へ

男子サッカー部は、J1アルビレックス新潟専用グランド隣のピッチで日々トレーニングを行っています。メンバーはこのような刺激的な環境の中で、「自分自身の成長」。そして、「チームとしての成長」を成し遂げるべく、毎日努力を重ねています。私自身、これまでトッププレーヤーとして多くの指導者からたくさんのことを学びました。その経験を今度は学生にアドバイスをする番だと思っています。皆さんの夢を実現させるため、全力でサポートしていきたいと思います。新潟医療福祉大学で夢の実現へ向けて一緒に頑張りましょう!

<経歴>
元アルビレックス新潟選手
東海・北信越選抜チーム コーチ(2013)
全日本大学サッカー選手権大会出場(2008、2009)
新潟医療福祉大学卒業生


林遼太コーチの写真
サッカーを学ぶ

皆さんはサッカーのプレー中に"何故?"と思ったことはありませんか?何故シュートが入ったのか。何故タックルが成功したのか。普段何気なくプレーしている動作一つひとつに目を向けてみると、そこにパフォーマンス向上の鍵が隠されているかも知れません。そんな"何故"を新潟医療福祉大学では、ピッチの上で身体を使って、また机の上では理論的に学ぶことができます。サッカーをさまざまな角度で考え、パフォーマンスを向上させる方法について一緒に勉強しましょう!

<経歴>
新潟医療福祉大学大学院 健康科学専攻 健康スポーツ学分野 修了
北信越大学サッカー連盟 新潟県運営委員
新潟県大学・高専連盟委員長


選手からのメッセージ

3年 町田 拓也の写真 ‘今’を全力で!
素晴らしい指導者と高い向上心を持ったチームメイトとの練習から、日々たくさんの刺激をもらっています。‘今’自分ができることを最大限やりぬき、参加する各大会で良い結果を残していきたいと思います。より高いステージで自分もチームもプレーできるように全力で走り続けます。

<主な戦歴>
全国高等学校総合体育大会サッカー競技ベスト8(2011)
北信越大学サッカー選抜選手(2014)


2年 大村 颯士の写真 新天地、新潟から
生まれ育った静岡を離れ、今年から新潟という新たな場所で生活を始めました。中学、高校と静岡県でサッカーを通して、様々な経験をすることができました。しかし、目標としていた日本一にはあと一歩届きませんでした。「大学でもサッカーがしたい!」「全国大会でプレーしたい!」と思い、この新潟医療福祉大学を選びました。新潟から日本一を目指して、日々の練習を頑張っていきます。

<主な戦歴>
高円宮杯U-18サッカープレミアリーグ 出場(2011、2012)
全国高等学校総合体育大会サッカー競技 準優勝(2011)
全国高等学校総合体育大会サッカー競技 優秀選手(2011)
U-16日本代表候補(2010)


2年 城山 典の写真 自分自身を支えてくれた人達へ
自分がサッカーを始めてここまで本当にたくさんの人達に支えられてきました。試合に負けた時も次につながる温かい言葉をかけて頂き、試合に勝利した時には一緒に喜びを分かち合うことができました。新潟医療福祉大学のサッカー部員として支えてくくださる皆さんに、たくさんの勝利をそして日本一という結果を目指して頑張りたいと思います。

<主な戦歴>
全日本高等学校サッカー選手権大会 優勝(2013)
全国高等学校総合体育大会サッカー競技 ベスト8(2013)

高円宮杯U-18サッカープレミアリーグ 出場(2012)

1年 林 純平の写真 夢と恩返し
私の夢はプロサッカー選手になることです。ここまでたくさんの方々に支えられてプレーすることができました。夢であるプロサッカー選手としてたくさんの観客の前でプレーすることが、支えて頂いた方々に対する恩返しだと思っています。新潟医療福祉大学はサッカーに集中できる最高の環境があり、自分の夢に向かって全力で取り組む事ができると思い進学を決めました。自分の‘夢’に向かって新潟医療福祉大学での日々を充実したものにしたいと思います。

<主な戦歴>
全国高等学校総合体育大会サッカー競技 ベスト16(2014)
全国高等学校総合体育大会サッカー競技 大会最優秀選手(2014)
全日本高等学校サッカー選手権大会 ベスト16(2014)
東北プリンスリーグ 準優勝(2014)
東北プリンスリーグ 得点ランキング2位(2014)


1年 霞 恵介の写真 感謝を忘れず
私はこれまでたくさんの方々に支えられ、高校生活までを送ってきました。
高校生活を通して、全国的に良い結果を残すことができたのは、監督やコーチ、先生方や一緒にトレーニングを行った部活の仲間、そして家族に支えてもらったおかげです。
支えてもらったみんなとは、試合に勝利した時には一緒に喜びを分かち合うことができました。また、試合に負けた時も次につながる温かい言葉をかけてもらいました。
今後もたくさんの方々に支えられていることへの感謝を忘れずに、日々頑張っていきたいと思います。新潟医療福祉大学のサッカー部員として支えてくれる皆さんと、たくさんの勝利をそして日本一という結果を目指していきたいと思います。

<主な戦歴>
高円宮杯U-18サッカープレミアリーグ 出場(2013・2014)
全国高等学校総合体育大会サッカー競技 第3位(2014)
全日本高等学校サッカー選手権大会 出場(2014)


1年 野村 祐一烽フ写真 未来の為に
私は今までサッカーを通して多くの方々と関わり、その中で大きく自分を成長させることができました。このサッカーという競技の魅力を多くの人達に届けたいと思い、私は将来‘サッカーに携わる仕事’に就くことを目指しています。新潟医療福祉大学では、競技者としてもサッカーを向上する環境・施設があり、また自分自身の夢を叶える為の授業や資格が取れます。ここ新潟でたくさんのことを学びたいと思っています。

<主な戦歴>
全国高等学校総合体育大会サッカー競技 出場(2014)


練習環境・施設

J1アルビレックス新潟をはじめ、地域スポーツと連携した新しい形の強化、選手・指導者育成に取り組んでいます。練習試合では、J1アルビレックス新潟の胸を借り、プロ選手のプレーを肌で感じることにより、サッカーのみならず多くのことを学べる環境に恵まれています。また、部員全員が新潟県ブラインドサッカー協会ご指導のもと、障害者と健常者が力を合わせて行う「ブラインドサッカー」に取り組むなど、様々な地域貢献活動を行っています。

新潟聖籠スポーツセンター・アルビレッジ(サッカー部練習協力施設)

アルビレッジの写真 新潟聖籠スポーツセンター(通称:アルビレッジ)は、2002年FIFAワールドカップ(日韓共催)の開催を記念し整備された総合型スポーツ施設です。天然芝ピッチを4面、JFA(日本サッカー協会)公認のロングパイル人工芝ピッチを2面(夜間照明有り)、屋根付きフットサルピッチ(人工芝)1面を有し、良質なプレー環境での練習が可能です。また、クラブハウスには、フィットネスジムも完備し、フィジカルトレーニングも行えます。


トレーニングセンター

トレーニングセンターの写真 ランニングマシン(トレッドミル)、自転車エルゴメーターなどの有酸素系のトレーニングマシン、各種筋力トレーニングマシンやフリーウェイト等による筋力・パワー系のトレーニングマシン、その他調整力やバランス等のトレーニングのための用具等が準備され、運動処方等の授業や運動部のトレーニング、あるいは一般学生や教職員の体力づくり等に利用されています。また、新たに建設が予定されている第3体育館内に新しいトレーニングセンターが準備され、多くの学生や教職員が同時に利用することが可能になります。


地域貢献活動

新潟県サッカースーパーリーグ

新潟県成年男子選抜チームの強化。社会人リーグなどの試合運営・審判・記録員の育成。

Jリーグ運営

デンカビッグスワン開催のJリーグ試合運営ボールパーソン・タンカー係。

日本視覚障害者サッカー選手権大会、ブラインドサッカー東北・北信越リーグ

新潟県ブラインドサッカー協会(新潟フェニックスファイヤーズ)の活動支援。

年間活動計画

4月 北信越大学サッカーリーグ、新潟県サッカースーパーリーグ
5月 北信越大学サッカーリーグ、総理大臣杯北信越大会、新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯新潟県サッカー選手権大会、新潟県サッカーリーグ、新潟県サッカースーパーリーグ
6月 北信越大学サッカーリーグ、総理大臣杯北信越大会、新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯新潟県サッカー選手権大会、新潟県サッカーリーグ、新潟県サッカースーパーリーグ
7月 北信越大学サッカーリーグ、総理大臣杯北信越大会、インディペンデンスリーグ北信越、新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯新潟県サッカー選手権大会、新潟県サッカーリーグ、新潟県サッカースーパーリーグ
8月 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント、インディペンデンスリーグ北信越、新潟日報杯・NHK杯・共同通信杯新潟県サッカー選手権大会、新潟県サッカーリーグ、新潟県サッカースーパーリーグ
9月 北信越大学サッカーリーグ、新潟県サッカースーパーリーグ、インディペンデンスリーグ北信越
10月 北信越大学サッカーリーグ、新潟県サッカースーパーリーグ、インディペンデンスリーグ北信越
11月 北信越大学サッカーリーグ、インディペンデンスリーグ北信越、新潟県大学・高専秋季リーグ
12月 全日本大学サッカー選手権大会、新潟県大学・高専秋季リーグ
1月 全日本大学サッカー選手権大会、日本視覚障害者サッカー選手権大会
2月 通常練習(体育館・トレーニングセンターでの活動)
3月 通常練習(トレーニングセンター・アルビレッジでの活動)、全日本大学対抗フェスティバル

トピックス

日本サッカー協会公認C級コーチ、6年連続で合格率100%を達成!

本学学内で日本サッカー協会公認C級コーチ(日本体育協会公認指導員)の講習および受験が可能です。日本サッカー協会指導員養成担当でもある若杉透教授の指導のもと、見事6年連続、受験者全員合格を達成しました。サッカーを通じて地域に貢献し、さらにサッカーの素晴らしさを伝える指導者の育成を目指します。

 

中田 大貴 選手 J3カターレ富山へ入団!!

jリーガー誕生平成26年度卒業生の中田 大貴 選手(写真)が、J3カターレ富山に入団いたしました。本学男子サッカー部OBから、平成24年度卒業生の比嘉 諒人 選手(J2 FC岐阜所属)、同じく平成24年度卒業生の横山 卓司 選手(J3 グルージャ盛岡所属)に続いて3人目のJリーガーの誕生となります。Jリーグの舞台で活躍する3名に温かいご声援よろしくお願いいたします。