トピックス&ニュース

【健康スポーツ学科】第14回新潟県障害者スポーツ大会(知的サッカー)での学生活動報告

画像1 画像2 画像3

健康スポーツ学科では、6月9日(日)に行われた第14回新潟県障害者スポーツ大会(知的サッカー)にて、ボランティア活動を行ってまいりました。

本学科では、平成18年から新潟県障害者スポーツ協会と連携し、障がいをもつ方のスポーツ活動を支える取り組みを通して、実践力を身につけることを目的とし、活動しています。

この度、本学科の学生は4名参加し、会場準備・撤収作業、ボールボーイなどの運営業務を行わせていただくことができ、また、大会も滞りなく無事に終えることができました。

●ボランティア活動に参加した学生のコメント
健康スポーツ学科3年 山口 佑貴
「大会を運営する立場で、選手たちが怪我をしないようにサポートしたり、スムーズに大会を行うことができるようボールボーイをしたりと、今までとは違った経験をすることができました。裏方のみなさんの仕事の大切さや苦労を感じることができました」

健康スポーツ学科3年 坂井俊介
「今回初めて知的障害者サッカーを見ました。プレーする姿を見るまでは、ゆっくりなサッカーなのかと思っていました。しかし、実際は一般のサッカーと変わらず激しく、レベルの高いサッカーに驚きました。これからも知的障害者サッカーにさまざまな役割で関わりたいです」

○今後の活動予定
8月・・・全国障害者スポーツ大会選手団合宿
    (陸上、水泳、アーチェリー、卓球、フライングディスク、ボウリング)
9月8日(日)・・・特別支援学校体育大会

>>健康スポーツ学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

>>健康スポーツ学科オリジナルサイト
http://www.nuhw-hs.jp/

このページの先頭へ戻る