トピックス&ニュース

【義肢装具自立支援学科】8月8日(木)「タイに届け! 空飛ぶ車いすプロジェクト」~車いす修理会を行います!!~

プレスリリースに関するお問い合わせ 
【連絡先】 新潟医療福祉大学 TEL.025-257-4459 FAX.025-257-4456

8月8日(木)、日本とタイの合同ボランティアプロジェクト「空飛ぶ車いす」活動の一環として、本学義肢装具自立支援学科の学生19名並びに同学科教員ら2名が車いす点検・修理活動に参加します。

空飛ぶ車いすプロジェクトとは、1999年に公益財団法人 日本社会福祉弘済会が発足した支援事業です。日本では、年間3万台以上の車いすが廃棄されており、それらを修理し、アジア諸国で車いすを必要とする人々に届けます。現在では,1万人以上のボランティアの方々が参加し,アジアを中心に27カ国へ累計約5,000台の車いすを届けています。車いすの修理は、全国約35校の工業高校を中心に、ボランティア団体や大学を含め,40以上の団体が参加をしています。本学では、義手・義足や車いすなどの福祉機器の製作・適合を行う専門職を育成する「義肢装具自立支援学科」の開設以来、その教育の一環として、本プロジェクトへ積極的に参加しています。

今回実施されたボランティア活動は、本年8月にタイ国へ輸送する車いす18台を、NGO団体と共に点検・修理を行うもので、日本からは本学学生や神奈川工科大学学生など19名が、また韓国や台湾からは高校生など14名が参加します。

昨年の活動では、車いすの点検・修理作業のほか、施設訪問や車いすの贈呈、利用者訪問などの様々な活動が行われ、参加した学生らも国籍を超えた交流活動に、大きな刺激を受けたようです。また、これら活動は現地の新聞やテレビでも報道されるなど、大きな注目を集め、高く評価されています。
ついては、本活動の更なる充実を図るべく、これら活動について広く県民の皆様に周知、取材・報道くださいますようお願いいたします。

【タイに届け!空飛ぶ車いすプロジェクト活動概要】
■活 動 日:平成25年8月8日(木)
■活動場所 : 新潟医療福祉大学 L棟103教室 適合実習室Ⅰ(新潟市北区島見町1398番地)
■参加校:神奈川工科大学、新潟医療福祉大学、新津工業高校、新潟工業高校
■主な活動内容/活動時間:車いす修理 10:50~15:00

このページの先頭へ戻る