トピックス&ニュース

【お知らせ】新潟医療福祉大学と玉川大学は、「小学校教員養成特別プログラム」に関する協定を締結いたしました。

平成25年7月30日(火)、新潟医療福祉大学(学長:山本正治)と玉川大学(学長:小原芳明)は、「小学校教員養成特別プログラム」に関する協定を締結いたしました。

本プログラムは、小学校教諭養成のため、本学学生が3年次から玉川大学通信教育部の科目等履修生として2年間在籍し必要な単位を修得するもので、これにより本学卒業時に小学校教諭二種免許状の取得が可能となります。

本プログラムを受講するには、平成26年4月以降に本学健康スポーツ学科に入学し、中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)課程を履修のうえ、3年次から「スポーツ教育コース」を選択し、且つ、本学の推薦する基準(学業成績・面接)を満たすことが要件となります。

子どもの体力・運動能力の低下や、教育現場でのいじめやスポーツ指導での体罰などが社会問題化するなか、健康スポーツ学科スポーツ教育コースでは、人間力豊かなスポーツ指導のできる小学校教諭の養成を目指します。

健康スポーツ学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

スポーツ教育コースの詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/hs/

このページの先頭へ戻る