トピックス&ニュース

【健康スポーツ学科】第8回新潟県特別支援学校スポーツ大会の運営サポートを本学学生が行いました。

画像1 画像2 画像3 画像4

9月10日(火)、県内3会場に於いて、第8回新潟県特別支援学校スポーツ大会が行われ、本学の健康スポーツ学科の学生30名が、大会運営のサポートを行いました。

この大会は県内の特別支援学校中学部・高等部の生徒が一同に会し、交流を深めることを目的としています。
当日は、中学部・高等部計29校、1202名の生徒が参加し、陸上、サッカー、バスケットボール、フライングディスクなどのスポーツを通して親睦を深めました。

今回の大会に於いて、本学学生が参加した目的は、以下の3点になります。
1.教員を目指す学生は、特別支援学校の体育、並びに特別活動の体験
2.障害者スポーツ指導者を目指す学生は、障害者スポーツを支える(審判や運営面)
3.レクリエーション・コーディネーターを目指す学生は、障がいをもつ人へ楽しいスポーツ活動を支援し、元気になってもらえるよう実践

■ 参加した学生のコメント
教員志望の学生
健康スポーツ学科3年 小塚千晶
「障害をもつ子どもたち1人ひとりが精一杯がんばって走って、ボールを蹴っている姿に感動しました」

障害者スポーツ指導者志望の学生
健康スポーツ学科2年 折原宏紀
「陸上競技の補助役員をしましたが、たくさんの才能に触れられました」

レクリエーション・コーディネーター志望の学生
健康スポーツ学科3年 金子楓
「とても貴重な体験ができました。審判も応援したり、選手と共に喜んだりと会場全体がとても良い雰囲気でした」

本学では、今後も学生の将来設計に合わせた取り組みを行ってまいりたいと思います。

健康スポーツ学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

このページの先頭へ戻る