トピックス&ニュース

【健康スポーツ学科】杉崎講師らの論文が米国の科学医学雑誌「PLOS ONE」(電子版)に掲載されました。

健康スポーツ学科の杉崎講師らによる、学校における季節性インフルエンザ流行時の学級閉鎖の効果についての論文が、米国の科学医学雑誌「PLOS ONE」(電子版)に掲載されましたのでご報告させていただきます。

>>掲載論文はこちら
http://dx.plos.org/10.1371/journal.pone.0074716.

要旨:
学校における季節性インフルエンザの流行拡大を防止することは学校保健の重要な課題の一つです。
学校休業による接触回避は、ワクチン接種や抗ウイルス薬使用などと共に注目されており、日本で伝統的に行われている学級閉鎖は世界的に例のないものでした。
今回の研究論文では、これまで未解明だった学級閉鎖実施のタイミングや有効性について、複数シーズンのデータを分析することで有効な学級閉鎖のタイミングと期間を提案しており、流行日数の短縮および流行停止という効果がが示されました。

>>健康スポーツ学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

このページの先頭へ戻る