トピックス&ニュース

【地域・産官学連携】 とよさか中高年教養大学「健康長寿学」を開講します。

画像1 画像2

新潟市北区の「豊栄地区公民館」において、『とよさか中高年教養大学・健康長寿学』を開講します。

この教養大学では「長寿社会の生きがいに、健康の保持に」を掲げ、北区民で構成されている「とよさか中高年教養大学運営委員会」が13科目を開講しています。
このうち本学は「健康長寿学」の科目を担当し、「健康長寿をめざして」をテーマに、毎月各講座を実施しています。

写真上)社会福祉学科星先生の講座の様子
写真下)9月実施の「健康チェック・健康維持体操」の様子




10月以降の開校予定は以下の通りとなります。

10月 「これで納得、脳卒中リハビリテーション」 
講師 : 義肢装具自立支援学科 真柄 彰 教授

11月 「老人は一日にしてならず」
講師 : 看護学科 袖山 悦子 准教授

12月 「健康と運動」
講師 : 健康スポーツ学科 山代幸哉 助教

1月 「認知症について」
講師 : 言語聴覚学科 栗崎 由貴子 講師

2月 「心と向き合う」
講師: 社会福祉学科 近藤 あゆみ 准教授

3月 「よく噛むことと長寿」
講師 : 医療情報管理学科 瀧口 徹 教授

本学ではこのような機会を通して、「保健・医療・福祉・スポーツ領域の総合大学として、区民の健幸づくりに貢献すること」を目指していきます。

>>地域・産官学連携の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/community/

このページの先頭へ戻る