トピックス&ニュース

【健康スポーツ学科】日本体育・スポーツ経営学会 第37回大会「スポーツマネジメント人材の力量」開催報告

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

3月19日(水)~21日(金)に、日本体育・スポーツ経営学会第37回大会が本学を主幹校として、NSGカレッジリーグ学生総合プラザ(新潟県新潟市)で開催されました。

「スポーツマネジメント人材の力量」を大会テーマに掲げ、基調講演は、松尾睦氏(北海道大学大学院教授)から「経験から学ぶ力と人材育成」についてご講演頂きました。

シンポジウムは、「地域に密着したスポーツ環境を創るマネジメント力量」をテーマに、村山哲二氏(BCリーグ・プロ野球独立リーグ代表)、青柳勧氏(ブルボンウォーターポロクラブ選手権監督)、西村貴之氏(NPO法人クラブパレットコーデイネーター、金沢大学助教)の3名を迎え、活発な議論が交わされ、学会参加者は熱心に聞き入っていました。
また、一般研究発表が3日間に渡り行われ、本大会は近年稀にみる参加者数の多さで大盛況のうちに幕を閉じることができました。

■西原実行委員長(健康スポーツ学科教授)
この学会は、1952年(昭和37年)に発足し、1984年(昭和59年)に現在の名称に変更した日本学術会議の協力学術研究機関であり、伝統のある学会です。この学会を本学に招致するとともに、盛況に開催できたことを大変光栄に思います。柳沢和雄学会会長(筑波大学)からも非常に高い評価をいただきました。ひとえに本学関係者のご支援の賜物と深く感謝申し上げます。今後も本学のスポーツ科学の研究分野が、国内外の学会活動や研究をリードしていけるよう、努力していきます。

<日本体育・スポーツ経営学会第37回大会>
【実行委員長】 西原康行(健康スポーツ学科)
【副実行委員長】 佐近慎平(健康スポーツ学科)
【シンポジウムコーディネーター】 武田丈太郎(健康スポーツ学科)
【実行委員】 奈良梨央(健康スポーツ学科) 島田赳行 吉崎慈保(健康スポーツ学分野大学院生)、健康スポーツ学科学生10名

健康スポーツ学科の詳細はこちら>>
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

このページの先頭へ戻る