トピックス&ニュース

【女子バレーボール部】第45回春季北信越大学バレーボール選手権大会 試合結果報告

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

5月22日(木)~25日(日)に、長野市のホワイトリングにおいて行われた「第45回春季北信越大学バレーボール選手権大会」の試合結果についてご報告します。

【試合結果】
<1日目>
新潟医療福祉大学 2 (25-23、25-22、24-26、20-25、10-15) 3 金城大学
新潟医療福祉大学 3 (25-19、25-22、25-15) 0 長野大学

<2日目>
新潟医療福祉大学 3 (25-18、22-25、25-19、26-24) 1 富山大学
新潟医療福祉大学 3 (25-9、25-11、25-9) 0 金沢学院大学

<3日目>
新潟医療福祉大学 3 (25-10、25-15、25-18) 0 金沢星稜大学

【最終成績】
1位 金城大学(5勝)
2位 新潟医療福祉大学(4勝1敗)
3位 富山大学(3勝2敗)
4位 長野大学(2勝3敗)
5位 金沢学院大学(1勝4敗)
6位 金沢星稜大学(5敗)

【個人賞】
<スパイク賞>
小林帆乃華(健康スポーツ学科2年)51.33%
<優秀選手賞>
山西真由(健康スポーツ学科2年)・大塚夏生(健康スポーツ学科2年)

さらに、チームとして【ベストサポーター賞】を頂きました!

以下は、監督と選手のコメントです。

【濵野監督コメント】
今年度の目標の1つである北信越優勝を達成するためにチーム一丸となって戦いましたが、フルセットの末1敗し2位となりました。惜しかったではなく勝たなくてはいけない相手であり、選手自身が相当悔しい思いをしたと思います。この悔しい思いを忘れずに秋季リーグ戦では必ず全勝し北信越優勝という目標を達成します。


また、今大会ではベストサポーター賞をいただきました。ベストサポーター賞とは、補助役員としてラインズマンや記録やボールリトリバーをやっている様子を審判が評価採点し、大学ごとに順位付けする賞です。スタメン以外の選手やマネージャーが主に補助役員をやってくれました。皆がそれぞれの役割を果たしチームを支え合っているということです。

今大会もたくさんのご父兄の方々が応援に来てくださいました。日頃より支援してくださる大学関係者の方々も含め、みなさん本当にありがとうございます。今後とも女子バレーボール部の応援よろしくお願いいたします。

【選手コメント】
○キャプテン 山中 愛里沙(健康スポーツ学科3年)
4勝1敗1部2位という結果で、目標である北信越優勝は達成できませんでしたが、チームとしても個人としても現在の実力を再確認し、新たな課題を見つけることができました。練習の成果を発揮し評価していただいた選手も多く、価値のある大会であったと思います。そしてベストサポーター賞をいただけたことはチーム全員が嬉しく思っております。今後は「秋季リーグ戦こそ北信越優勝」をチームの目標の1つとして頑張ります。

○小林 帆乃華(健康スポーツ学科3年)
今回の北信越リーグ戦では、自分達のバレーがきちんと出来た場面とそうでない場面がはっきりと出ました。自分達の思い通りのプレーができたこと、去年勝てなかったチームに勝てたことは、自信に変えていきたいと思います。最終的な順位には少しも満足できないけれど、それが今のレベルということで、今後の練習はこれまで以上に頑張っていきたいと思います。また、たくさんの方々の応援のおかげでスパイク賞をいただくことができました。自分のプレーにも満足することなく、日々精進いたしますのでこれからも応援よろしくお願いします!

○坂 美沙希(健康スポーツ学科2年)
今回の北信越リーグ戦は、昨年の悔しさを胸に、チーム一丸となって挑みました。しかし、2位という結果に終わってしまい、北信越優勝という目標は達成されませんでした。ですが、昨年の悔しさを胸に日々の練習やトレーニングをやってきた分、一人ひとりが成長していたと思います。秋の北信越リーグ戦こそは、全て勝って優勝するために、また一から練習に取り組んでいきます。応援に来てくださったご父兄の方々にはとても感謝しています。これからも女子バレーボール部をよろしくお願いします。

次回は、6月19日(木)~22日(日) に開催されます東日本インカレ(東京都)に出場します。
引き続きご声援の程、宜しくお願いいたします。

女子バレーボール部の詳細はこちら>>
http://www.nuhw.ac.jp/sport/wvolleyball/

女子バレーボール部通信はこちら>>
http://nuhw.blog-niigata.net/wvolleyball/

健康スポーツ学科の詳細はこちら>>
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

このページの先頭へ戻る