トピックス&ニュース

【理学療法学科】江玉睦明助教の研究論文が海外雑誌『Scandinavian Journal ofMedicine & Science in Sports』に掲載が決定しました

理学療法学科の江玉睦明助教の研究論文が、スポーツサイエンス分野の海外雑誌『Scandinavian Journal ofMedicine & Science in Sports』に掲載が決定しました。

江玉助教はこれまで「アキレス腱の付着部の構造」や「下腿三頭筋の効果的なストレッチング」について、献体標本や超音波を使用し研究を行ってきました。

以下に論文の題目と要旨を記載いたします。

Mutsuaki Edama, Masayoshi Kubo, Hideaki Onishi, Tomoya Takabayashi, Takuma Inai, Erika Yokoyama, Watanabe Hiroshi, Nashimoto Satoshi, Ikuo Kageyama
The anatomical study of the human Achilles tendon
Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports (in press)

要旨:
アキレス腱(AT)は、腓腹筋内側頭(MG)・腓腹筋外側頭(LG)、ヒラメ筋(Sol)の筋腹が付着する各腱線維束から構成され、その腱線維束は捻れ構造をしていることが報告されています。しかし、捻れの程度に関しては一定の見解が得られていません。そこで本研究の目的は、ATの捻れ構造をMG、LG、Solの付着する腱線維束レベルで検討し、その形態学的特徴を明らかにすることとしました。
対象は、日本人遺体60体111側(平均年齢:77.7 ± 11.6歳、男性77側、女性34側)を対象に肉眼解剖学的手法を用いて検討しました。ATはMG・LG,Solの付着する各腱線維束が互いに捻れながら融合しており、ATを頭方から見て右側では左側方向へ、左側では右側方向への捻れ構造を呈していました。捻れの程度により、MGが踵骨隆起の表層外側2/3、Solが深層全体に配列し、LGが外側中央部に挟まれているものをTypeⅠ(least:50%)、MG表層外側1/2~2/3、LGが深層外側1/2~2/3、Solがその他の内側部に配列するものをTypeⅡ(moderate:43%)、MG表層外側1/3、LGが深層全体、Solが表層内側2/3に配列するものをTypeⅢ(extreme:7%)の3Typeに分類できました。更に各線維束を細かく分離していくと、MGは、全てのTypeにおいて比較的平行に走行しているのに対して、LGとSolは、特にTypeⅢにおいては強く捻れながら踵骨隆起に付着していました。更に、Solの捻れの部位はATの踵骨付着部から近位3-5cmの部位でした。また、性差や左右差は認められませんでした。
本研究結果は、捻れ構造の機能的役割やアキレス腱障害などの発生メカニズムの解明のための基本データとしての役割が期待できると考えられます。

>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>江玉睦明助教のプロフィールはこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/teacher/edama.html

このページの先頭へ戻る