トピックス&ニュース

【運動機能医科学研究所】作業療法学科・桐本准教授らの科学論文がPLoS ONE誌に掲載されました。

画像1 画像2 画像3

作業療法学科の桐本准教授ら、運動機能医科学研究所のメンバーの研究成果が、9月18日(木)にPLoS ONE誌に掲載されました。

論文タイトルおよび著者名は以下の通りです。
“Sensorimotor Modulation Differs with Load Type during Constant Finger Force or Position”
Hikari Kirimoto, Hiroyuki Tamaki, Makoto Suzuki, Takuya Matsumoto,
Kazuhiro Sugawara, Syo Kojima, Hideaki Onishi

Published: September 18, 2014

ヒトが一定の筋力を発揮する際には、不動の物体に力を加える(Force task)、または物体を持つ(Position task)の二通りがあります(図1)。リハビリテーションの機能訓練に例えると、セラピストが加えた徒手抵抗に抗うのがForce task、これと同じ質量の重りを持つのがPosition taskにあたります。

本研究では、Position task中には、皮質感覚野の興奮性が、Force taskと比較して上昇しやすいことが明らかとなりました(図2)。本研究結果は、リハビリテーションのみならず筋力トレーニングなどにも活用されることが期待されます。

本論文は下記URLよりダウンロードができます(オープンアクセス)。
http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0108058

上から、図1、図2

>>運動機能医科学研究所の詳細はこちら
http://www.ihmms.jp/

>>大学院の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/grad/

>>作業療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/ot/

このページの先頭へ戻る