トピックス&ニュース

【陸上競技部】第30回日本ジュニア陸上競技選手権大会 福田選手男子やり投8位入賞!

画像1 画像2 画像3 画像4

10月3日(金)~5日(日)の日程で、愛知県の瑞穂公園陸上競技場にて「第30回日本ジュニア陸上競技選手権大会」が開催されました。日本ジュニア陸上競技選手権大会とは、満20歳未満、日本陸上競技連盟登録者で各種目の参加標準記録を突破した者のみが出場権を得られ、ジュニアの日本一を決める大会です。本学からは4名の選手が出場しました。

やり投げに出場した福田涼太郎(健康スポーツ学科1年)が1回目の投擲でファールするも2回目の投擲で11位につけ、3回目の投擲で64m57を記録し、日本ジュニア本学初となる8位入賞を果たすことができました。

女子トラック種目では、前山美優(健康スポーツ学科1年)が100mと200mに出場し、100mでは準決勝まで進出するも惜しくも決勝を逃し12位となりました。

女子フィールド種目に目を向けると、古見由莉香(視機能科学科1年)が11m41で20位、やり投では井口華穂(健康スポーツ学科1年)が45m62で12位でした。

前山選手は10月31日(金)~11月2日(日)に行われる日本選手権リレーに4×100mR、4×400mRの2種目で出場予定です。今後ともご支援宜しくお願い致します。

出場選手の成績は以下の通りです。
【男子】
・やり投 福田涼太郎(健康スポーツ学科1年)64m57 8位入賞
【女子】
・100m  前山美優(健康スポーツ学科1年)予選12秒09 準決勝12秒26 全体12位
・200m  前山美優(健康スポーツ学科1年)予選25秒33 全体13位
・三段跳 古見由莉香(視機能科学科1年)11m41 20位
・やり投 井口華穂(健康スポーツ学科1年)45m62 12位

>>陸上競技部の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/sport/ekiden/

>>健康スポーツ学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

>>視機能科学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/ort/

このページの先頭へ戻る