トピックス&ニュース

【理学療法学科】理学療法学科8期生(大学院博士後期課程1年)の宮口翔太さんらの論文が、理学療法士協会発行の『理学療法学』に掲載が決定しました。

大学院博士後期過程1年で本学科8期生の宮口翔太さん(大西研究室)の研究論文が、日本理学療法士協会が発行する『理学療法学』に掲載が決定しました。
以下に研究概要を記載いたします。

著者:宮口翔太、大西秀明、小島 翔、菅原和広、桐本 光、田巻弘之、山本智章

理学療法学
「経頭蓋直流電流刺激の効果的な介入方法の検討-電極貼付部位および電流強度の影響-」

本研究の目的は、電流強度および電極貼付部位の違いが経頭蓋直流電流刺激(transcranial direct current stimulation;tDCS)の効果に与える影響を明らかにすることとしました。
対象は健常成人9名としました。tDCS介入条件は、陽極電極を左一次運動野領域に貼付し、陰極電極を対側前額部または対側一次運動野領域(bilateral tDCS)に貼付し、1.0 mAまたは2.0 mAにて10分間刺激する計4条件としました。各条件におけるtDCS介入前後に経頭蓋磁気刺激により左一次運動野領域を刺激し、その後に運動誘発電位を記録しました。
bilateral_2.0 mA条件においてのみtDCS介入前に比べ介入終了2分後、10分後の運動誘発電位が有意に増大する結果が得られました。
結論として、bilateral tDCSで2.0 mAの強度で刺激することにより、大脳皮質の興奮性が安定して増大することが明らかになりました。

>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>大学院の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/grad/

このページの先頭へ戻る