トピックス&ニュース

トーゴ共和国出身の新潟医療福祉大学 大学院生が修士号を取得!! 4月からは博士後期課程に進学予定!! ~ 習得した教育の全てをアフリカの学生達に教えたい!!~

【連絡先】新潟医療福祉大学 
入試広報部 TEL:025-257-4459 FAX:025-257-4456

2015年3月11日(水)、平成26年度 新潟医療福祉大学大学院修了式が行われます。
新潟医療福祉大学大学院保健学専攻義肢装具自立支援学分野を修了する学生の中に、義肢装具分野の研究に従事したトーゴ共和国出身のアドゥアム・アヘゴ・アクエテビさん(28)が在籍しており、この度無事修士課程を修了することとなりました。修了後もさらに研究活動を続けたいと本人の希望があり、新潟医療福祉大学大学院博士後期課程への進学を予定しています。

アヘゴさんは、平成25年4月に新潟医療福祉大学大学院医療福祉学研究科保健学専攻義肢装具自立支援学分野の修士課程に入学し、この度3月11日(水)に修士(保健学)の学位授与されることが決まりました。

アヘゴさんの母国トーゴ共和国は、人口約63O万人の西アフリカに位置する国です。アヘゴさんは母国に限らず、アフリカ諸国に貢献する研究を続けたいと、現在、義肢装具の制作技術の習得やバイオメカニクス(運動力学)の側面から義肢装具歩行について学んでいます。

将来は、「アフリカの義肢装具分野の発展のため、学んだ知識と技術を母国の若い世代に継承していきたい」という強い思いがあり、さらに、「トーゴ共和国と日本との国際交流の懸け橋になっていきたい」と夢をもっています。

アヘゴさんの取り組みについて、広く県民の皆様に周知いただきたく、取材・報道いただきますようお願いいたします。

■平成26年度 新潟医療福祉大学 卒業式 大学院修了式
● 3/11(水)10:00~13:05(朱鷺メッセ2F 展示ホールA)
※尚、大学院学位記授与式は、朱鷺メッセ3F 小会議室303・304にて【11:35~12:05】を予定しています。

>>保健学専攻義肢装具自立支援学分野の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/grad/field/master/at.html

このページの先頭へ戻る