トピックス&ニュース

【臨床技術学科】臨床技術学科4年生 西澤良史さんが新潟県臨床工学会にて「優秀発表賞」を受賞!!

画像1 画像2 画像3 画像4

臨床技術学科4年生の西澤良史さんが、2015年5月17日(日)に第4回新潟県臨床工学会にて、一般演題で「優秀発表賞」を受賞しました。

受賞研究は、「血液浄化用カテーテルのへばりつき現象の改善方法に関する検討」です。
臨床工学技士の業務の一つである血液浄化療法は、腎不全に対する治療として広く知られています。その腎不全治療に用いるのが血液浄化用カテーテルです。数時間で効率よく体内の血液をきれいにする必要があるため、体内に挿入されたカテーテルから高流量で血液を吸い取ります。その際にカテーテル先端が血管壁に吸いつくへばりつき現象というトラブルを引き起こします。その改善方法は臨床的評価で把握することは困難なため、ブタの血管を用いて臨床的改善方法に基づきへばりつき現象の改善方法を評価したのがこの研究です。

西澤さんは、共同演者の田中杏実さんと共に髙橋ゼミに所属しており、患者さんが少しでも安心して治療を受けることができるように血液浄化用カテーテルが引き起こすトラブルの改善に向けて日々研究を進めています。

>>臨床技術学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/mt/

このページの先頭へ戻る