トピックス&ニュース

【理学療法学科・運動機能医科学研究所】椿淳裕准教授らの研究論文が海外雑誌に掲載決定!

理学療法学科の椿淳裕准教授らの研究論文が海外雑誌「PM&R」に掲載が決定しました。

以下に研究概要を記載いたします。

Authors: Atsuhiro Tsubaki, Masayoshi Kubo, Ryosaku Kobayashi, Hirofumi Jigami, Kazuhiro Sugawara, and Hideaki E Takahashi,
Journal: PM&R
Title: Maximum power during vertical jump and isometric knee extension torque alter mobility performance: A cross-sectional study of healthy individuals

【概要】
 地域に在住する方を対象に、様々な身体機能および能力の評価を行い、年代ごとの標準値を作成しました。また、筋力だけではなく、速度の要素を含む筋パワーも身体能力に影響する要因であることを明らかにしました。

【要旨】
(目的)
 身体機能と身体能力の標準値を示すことと、身体能力に影響する身体機能を明らかにすることである。
方法:新潟市近隣に居住し、日常生活に障害のない7歳から79歳までの401名(男性210名、女性191名)を対象とした。身体機能として、握力、膝伸展筋力、ジャンプ時の最大床反力、ジャンプ時の筋パワーを、身体能力として、立ち上がりテスト(CRT)およびtimed up and go test(TUG)を実施した。各指標の年代ごとの平均値を求めるとともに、20歳以上についてはCRTおよびTUGに影響する要因を分析した。
(結果)
 身体機能の指標は20歳前後をピークに低下し、身体能力の指標は20歳以降遅くなっていった、膝伸展筋力だけでなく筋パワーもCRTおよびTUGに影響することが明らかとなった。
(結論)
 身体能力の変化には筋力だけでなく、速度の要素を含んだ筋パワーも関与する可能性が示された。

>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>運動機能医科学研究所の詳細はこちら
http://www.ihmms.jp/

このページの先頭へ戻る