トピックス&ニュース

【大学院・運動機能医科学研究所】大学院博士後期課程・高林知也さんの研究論文が「人間工学雑誌」に掲載決定!

大学院博士後期課程医療福祉学専攻で理学療法学科8期生の高林知也さん(久保研究室)の研究論文が「人間工学雑誌」に掲載が決定しました。

以下に研究概要を記載いたします。

テーマ:前向き降段および後ろ向き降段動作における前十字靭帯負荷の推定
著 者:高林知也、稲井卓真、横山絵里花、江玉睦明、徳永由太、久保雅義

研究主旨:
変形性膝関節症は前十字靭帯(ACL)損傷を伴っていることが多く、可能な限りACL負荷を減少できる日常生活動作指導が重要となります。日常で最も負荷が高いとされている動作のひとつに階段降段動作がありますが、膝関節負荷を軽減できる降段方法に後ろ向き降段動作があり、近年傷害予防の観点から注目を集めています。そのため、本研究は一般的に行われる前向き降段と後ろ向き降段動作の降段様式の違いがACL負荷に与える影響について検証しました。その結果、後ろ向き降段動作は前向き降段動作と比較しACL負荷を減少できることが明らかとなりました。したがって、後ろ向き降段動作は階段降段動作を指導するうえでひとつの選択肢に成り得る可能性が示唆されました。

>>大学院 博士後期課程の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/grad/field/doctor/major.html

>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>運動機能医科学研究所の詳細はこちら
http://www.ihmms.jp/

このページの先頭へ戻る