トピックス&ニュース

【地域・産官学連携】とよさか中高年教養大学「健康長寿学」実施報告(7月)

画像1 画像2

平成27年度の年間テーマ「健康長寿をめざして」を掲げ、毎月豊栄地区公民館で開催しています、とよさか中高年教養大学「健康長寿学」の第4回目が、7月23日(木)に開催されました。

今回のテーマは「糖尿病腎症になったら大変!」と題し、新潟医療福祉大学 臨床技術学科の中村藤夫先生に講演を行っていただきました。
中村先生は、新潟市内の信楽園病院や東京の医療法人社団松井病院における臨床工学技士としての経験を活かして、糖尿病性腎症に罹患した患者さんの透析治療を具体的に説明・講義をされました。専門的な内容にも踏み込んでお話頂きましたが、分かりやすく解説して頂き、大変興味深い内容でした。
1時間半の講義の後、後半の30分は透析用の穿刺針を間近で見たり、10人くらいのグループに分かれて透析治療機器を見学したりと充実のプログラムで、参加者の皆さんに大変好評でした。


次回、第5回健康長寿学は、9月24日(木)に「栄養不足の原因について考えてみましょう」のテーマで開催を予定しています。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

>>地域・産官学連携の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/community/

>>臨床技術学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/mt/


このページの先頭へ戻る