トピックス&ニュース

【理学療法学科・運動機能医科学研究所】田巻弘之教授(理学療法学科、運動機能医科学研究所)らの研究論文が海外雑誌に掲載が決定しました。

この度、田巻弘之教授(理学療法学科、運動機能医科学研究所)らの研究論文が海外雑誌に掲載が決定しました。

Authors: Tamaki H, Yotani K, Ogita F, Sugawara K, Kirimto H, Onishi H, Kasuga N, Yamamoto N
Journal: Journal of Musculoskeletal and Neuronal Interactions
Title: Effect of electrical stimulation-induced muscle force and streptomycin treatment on muscle and trabecular bone mass in early-stage disuse musculoskeletal atrophy.

概要:不動によって筋量と同様に骨量も低下しますが、電気刺激で筋収縮を起こす処置を1週間実施すると筋量だけでなく骨量の低下も軽減する効果があります。今回実験動物を用いて、この効果が「筋収縮による力学的ストレス」に起因することを、機械的ストレスで反応するチャネルを阻害することで検証しました。

>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

>>運動機能医科学研究所の詳細はこちら
http://www.ihmms.jp/

このページの先頭へ戻る