トピックス&ニュース

【理学療法学科】江玉睦明講師の研究論文が海外雑誌『Annals of Anatomy』に掲載が決定しました

理学療法学科の江玉睦明講師の研究論文が、海外雑誌『Annals of Anatomy』に掲載が決定しました。

以下に論文の題目と要旨を記載いたします。

Authors: Mutsuaki Edama, Masayoshi Kubo, Hideaki Onishi, Tomoya Takabayashi, Erika Yokoyama, Takuma Inai, Hiroshi Watanabe, Satoshi Nashimoto, Ikuo Kageyama
Journal: Annals of Anatomy
Title: Anatomical study of toe flexion by flexor hallucis longus

【要旨】
目的:
長母趾屈筋と長趾屈筋の結合と分岐の分類を明らかにすることと、長母趾屈筋の足趾屈曲作用を推定することである。

方法:
対象は、日本人遺体55体100側とした。足底部より長母趾屈筋と長趾屈筋を採取し、結合と分岐の分類を行った。次に、長母趾屈筋を母趾へ向かう腱と足趾へ向かう腱に分岐した部分で、足趾の屈筋腱を2趾-4趾の基節骨部で横切断した。その後、各腱の横断面積を、画像解析ソフト(Image J, NIH, USA)を使用して解析し、各足趾の屈筋腱に対する長母趾屈筋の割合を算出した。

結果:
長母趾屈筋が第2・3趾に分岐するTypeが54%であり最も多かった。第2・3趾に向かう屈筋腱における長母趾屈筋の割合は、約50-70%と高い割合を占めていた。

結論:
長母趾屈筋の作用は母趾の屈曲だけでなく、第2・3趾の屈曲作用も大きいことが推察された。

>>江玉睦明講師のプロフィールはこちら
 http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/teacher/edama.html
>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/



このページの先頭へ戻る