トピックス&ニュース

【視機能科学科】第2回視機能科学科公開講演会を開催いたしました。

画像1 画像2

2015年11月30日 (月) に、本学第8研究・実習棟P105講義室にて、「第2回視機能科学科公開講演会」を開催しました。

本講演会では、ドイツのチュービンゲン大学眼科研究所からEberhart Zrenner教授をお迎えし、人工網膜に関する最新の知見についてご講演いただきました。

Zrenner教授は、人工網膜の様々なアプローチを紹介した後に、チュービンゲン大学で行われている臨床治験の結果について解説されました。人工網膜の移植を受けた患者が、文字や物体の形状を認識できるようになる様子が動画で示され、空間認識能力や日常生活動作がどの程度改善するのか説明されました。

講演会には視機能科学科の学生全員に加えて、学外の方にも参加していただきました。講演のスライドは全て英語ですが、日本語に翻訳したスライドも同時に表示され、英語が苦手な学生も安心して講演を聞くことができました。講演後の質疑応答も活発に行われ、盛会裏に講演会は終了しました。

視機能科学科では、日進月歩の医療に対して柔軟に対応できる視能訓練士を育成するために、最新の知見を聞くことができる特別講演会をこれからも開催していきたいと考えております。今後とも宜しくお願い致します。

>>視機能科学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/ort/

このページの先頭へ戻る