トピックス&ニュース

平成27年度(前期)ベストティーチャー賞 受賞者報告

新潟医療福祉大学では、毎年2回(5月・10月)に学生による授業評価の総合評価(授業満足度を図る指標)で高い評価を受けた教員をベストティーチャーとして表彰しています。

受賞区分は、【基礎科目】【専門基礎】【専門専攻】【大教室(履修人数100人以上の科目)】の4区分で、各区分から一人ずつ選出されます。

平成27年度前期は、以下の4名がベストティーチャーとして選出されました。

今回ベストティーチャーに選出された先生より、どのような思いで授業をされているのか、授業で工夫している点等コメントをいただきましたので下記PDFファイルをご覧ください。

【平成27年度(前期)ベストティーチャー賞】
<基礎科目>
木伏 あづさ 先生(3) 科目:英語Ⅰ
http://www.nuhw.ac.jp/topics/news/20151214-1.pdf (PDF/74.9KB)

<専門基礎>
石本 豪 先生(1) 科目:発達心理学
http://www.nuhw.ac.jp/topics/news/20151214-2.pdf (PDF/75.4KB)

<専門専攻>
今西 里佳 先生(2) 科目:身体障害作業療法学Ⅲ
http://www.nuhw.ac.jp/topics/news/20151214-3.pdf (PDF/94.5KB)

<大教室>
髙橋 直樹 先生(3) 科目:心理学概論
http://www.nuhw.ac.jp/topics/news/20151214-4.pdf (PDF/91.9KB)

(  )内は受賞回数です。

なお、ベストティーチャー賞を3回受賞された先生は、【殿堂入り】としてその名誉をたたえられます。今回の受賞で、木伏あづさ先生と髙橋直樹先生が3回目の受賞となり、殿堂入りを果たされました。

また、これまでのベストティーチャー賞受賞者では、義肢装具自立支援学科教授の阿部薫先生が殿堂となっており、今回新たにお二人の先生が加わり、殿堂入りの先生は3名となりました。

本学ではこのような機会を通して授業の工夫を行い、実践的な技術と深い教養を学生が身に着けられるよう、今後も努力してまいります。

このページの先頭へ戻る