トピックス&ニュース

【大学院・運動機能医科学研究所】大学院博士後期課程 医療福祉学専攻3年生の高林知也さん(運動機能医科学研究所、久保研究室)の研究論文が国際誌に掲載決定しました。

大学院博士後期課程 医療福祉学専攻3年生で理学療法学科8期生の高林知也さん(運動機能医科学研究所、久保研究室)の研究論文が国際誌『Journal of arthritis OMICS group』に掲載決定しました。

以下に研究概要を記載いたします。

Journal: Journal of arthritis OMICS group

Title:
Estimation of bone-on-bone forces at the tibiofemoral joint during forward and backward stair descent

Authors:
Tomoya Takabayashi1), Mutsuaki Edama1), Erika Yokoyama1), Takuma Inai2), Yuta Tokunaga3), Masayoshi Kubo1)

Affiliation:
1) 新潟医療福祉大学 運動機能医科学研究所
2) おぐま整形外科クリニック
3) 医療法人愛広会 関川愛広苑 

研究要旨:
近年、後ろ向き降段動作は障害予防に関する注目を集めており、従来の前向き降段動作と比較して膝関節伸展モーメントやパワーの減少、さらには膝関節痛を軽減できることが報告されている。しかし、関節モーメントは主動筋と拮抗筋の正味の筋モーメントで計算されるため、実際の関節負荷を表していない。本研究は前向きおよび後ろ向き降段動作にて関節間力(関節負荷)を定量化することを目的とした。対象は健常成人男性6名であり、課題動作はバイリアフリー新法に準じて設計された階段にて前向きおよび後ろ向き降段を実施した。筋電図情報、関節モーメント、筋の生理学的横断面積などを基に最適化手法を用いて筋張力を推定した。さらに、推定筋張力をもとに膝の幾何学モデルより膝関節間力をプログラミング処理にて算出した。結果として、2つの降段方法にて膝関節間力に有意差は認められなかったが、後ろ向き降段は前向き降段と比較して大腿四頭筋張力が有意に低値を示した。本研究より、後ろ向き降段は関節負荷ではなく大腿四頭筋負荷を軽減できる降段様式であることが示唆された。

>>博士後期課程 医療福祉学専攻の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/grad/field/doctor/major.html

>>運動機能医科学研究所の詳細はこちら
http://www.ihmms.jp/

>>理学療法学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/pt/

このページの先頭へ戻る