トピックス&ニュース

【健康スポーツ学科】池田祐介講師の研究論文が 国際誌『Journal of Sports Sciences』に掲載決定!

画像1

健康スポーツ学科 池田祐介講師の研究論文が、国際誌『Journal of Sports Sciences』に掲載が決定しました。
詳細は以下の通りです。

Authors: Yusuke Ikeda, Hiroshi Ichikawa, Rio Nara, Yasuhiro Baba, Yoshimitsu Shimoyama
Journal: Journal of Sports Sciences
Title: Does installation of the backstroke start device reduce 15-m start time in swimming ?





【要旨】

(目的)
2014年10月に東京で行われたワールドカップにおいて、背泳ぎスタート時の足部の安定性を高めることを目的にスタートプレート(backstroke start device 写真)が導入された。我々は、このプレートを用いたスタート動作と従来のスタート動作の動作分析を行い、プレートの使用がスタート動作とパフォーマンスに及ぼす影響を明らかにすることを目的に実験を行った。

(方法)
対象は本学水泳部に所属する男子8名、女子5名。

(結果)
5mと15m通過タイムを比較すると、スタートプレートを用いた試技は従来のスタート試技よりも有意に短くなった。動作の比較では、従来のスタート試技に比べて、プレートを用いた試技において股関節の伸展速度が大きくなり(図1 PDF参照)、手離れ時、足離れ時の重心の鉛直速度が有意に大きかった(図2 PDF参照)。その結果として、プレートを用いた試技の入水時の重心高は従来のスタートよりも15cm高くなり、水の抵抗の小さい入水が可能になったと考えられる。
【図1】http://www.nuhw.ac.jp/topics/news/20160301-1.pdf (PDF/359KB)
【図2】http://www.nuhw.ac.jp/topics/news/20160301-2.pdf (PDF/313KB)

(結論)
背泳ぎスタート時の足部の安定性が高まることで、スタート局面のパフォーマンスが向上する可能性が示唆された。

>>健康スポーツ学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

>>池田祐介講師のプロフィールはこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/teacher/ikeda.html


このページの先頭へ戻る