トピックス&ニュース

【地域・産官学連携】とよさか中高年教養大学「健康長寿学」実施報告(2月)

画像1 画像2 画像3

平成27年度の年間テーマ「健康長寿をめざして」に基づき、毎月豊栄地区公民館で開催しています、「とよさか中高年教養大学 健康長寿学」の第10回目が、2月25日(木)に開催されました。

今回は「新潟県の保健医療福祉の課題を考える」と題し、新潟医療福祉大学 医療情報管理学科の石上和男先生に講座を行っていただきました。

講座では、新潟県における問題として、人口減少、少子高齢化、医師不足を挙げ、過去と現在・将来の姿を分かりやすく説明して頂きました。終始平易な言葉で質問も投げかけながらの講義内容は、とても分かりやすく、受講者の方々もうなずきながら受講されていました。また、少子化により高校数が少なくなり、教育の低下にますます拍車がかかっているという話題もあり、新潟県のみならず社会全体の問題として捉えて頂ける機会となったかと思います。

講義の最後には、本学の紹介を交えながら、大学の環境整備への協力を呼びかけがありました。受講者の方からは、学生の挨拶が良いという発言もあり、大学と地域との交流をより一層進めていくことが必要であると感じる、有意義な講演となりました。

次回、第11回健康長寿学では、3月24日(木)に「ちょっとしたコツで楽になる住宅介護」をテーマに講座を予定しています。

多くの皆様のご参加をお待ちしています。

>>地域・産官学連携の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/community/

>>石上 和男先生のプロフィールはこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/informatics/hi/teacher/ishigami.html

このページの先頭へ戻る