トピックス&ニュース

【義肢装具自立支援学科】実際の授業を見学できる「授業公開」を開催!

義肢装具自立支援学科では、本年度高校生を対象とした授業公開を開催致します。
今回は、本学科1・2年次に履修する「材料力学」「基本工作実習Ⅰ」の実際の授業を見学することができます。

講師には、生活雑貨や福祉用品の企画開発・製造・販売を行う株式会社青芳製作所 専務取締役の秋元幸平氏をお招きし、福祉用具や義肢装具を製作するにあたり必要な材料力学などの講義を行って頂きます。

■材料力学とは?
福祉用具や義肢装具には金属、プラスティック、木材など種々の材料が使われています。材料力学の授業ではこれらの材料がどのような長所を持ちどのような弱点を持っているのか、基礎から学びます。また、同時に歯車やネジやリンク機構などの機械要素が使われています。

■基本工作実習Ⅰとは?
義足や装具を製作する上で最も必要な基礎的な知識や技術、"ものづくり" の基本的な製作技術と専門職としての姿勢について学びます。また、義肢装具に使用される材料の特性について理解し、その加工法についても学び、習得する実習形式の授業を行います。

■内容・日時はこちらから!!
http://www.nuhw.ac.jp/topics/news/20160629.pdf (PDF/705KB)
※「材料力学(定員なし)」のお申込みは、授業公開前日まで受付いたします。
※「基本工作実習Ⅰ(定員あり)」のお申込みは、7月15日(金)までとなっております。

■参加費
無料

■会場
新潟医療福祉大学 第5研究棟(L棟)(新潟市北区島見町1398番地)

■お申込
授業公開前日までに下記連絡先までお問い合わせください。※「基本工作実習Ⅰ」は7/15(金)締切。
申込先:『義肢装具自立支援学科 公開講座係』
TEL:025-257-4459(9:00~17:00)
E-Mail : nyuusi@nuhw.ac.jp

皆さんのご参加をお待ちしています!

>>義肢装具自立支援学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/at/  

このページの先頭へ戻る