トピックス&ニュース

【ダンス部】全国大学創作ダンスコンクール「Artistic Movement in TOYAMA 2016」に出場

画像1 画像2

9月17日(土)~19日(月)、高岡市ふくおか総合文化センター(Uホール)にて行われた全国大学創作ダンスコンクール「Artistic Movement in TOYAMA 2016」にダンス部の2チームが参加しました。

出品した作品名および出演者は以下の通りです。

作品:「燈す」
出演:安藤美和(社会福祉学科4年)、近藤来実(健康スポーツ学科3年)、森山愛弓(健康スポーツ学科2年)
作品:「Petit Bonheur」
出演:佐藤美優(健康スポーツ学科2年)、風間ひかる(健康スポーツ学科1年)

このコンクールは北海道から宮崎まで、全国各地からの大学生ダンサーらが集う少人数専門の全国大会で、今年は64チームが出場し、その中の12チームが受賞となります。

ソロから5人までという限られた条件の中、少数精鋭で個々の技術力・表現力・より一層の発想力が問われる非常に厳しい接戦となり、本学ダンス部は、残念ながら惜しくも受賞に届くことはできませんでした。

来年に向け、少人数で構成される作品独特の魅せ方を追求し、入賞を目指していきたいと思います。

今後ともご声援のほど、よろしくお願いいたします。

以下、作品の作者を務めた安藤美和(社会福祉学科4年)、佐藤美優(健康スポーツ学科2年)からのコメント


■安藤美和
「今回の富山の大会において私は作者として関わらせていただきました。自分の中の作品のイメージを振り付けとして形にすることにとても苦戦し、ダンサーとして参加してもらった後輩二人に沢山助けてもらいました。また素敵な小道具との出会いもあり、納得のいく作品をつくりあげることができました。
残念ながら受賞することはできずとても悔しい思いをしましたが、今後公演などで再演する時により良い作品に成長させていきたいです。協力してくれた、来実と愛弓、指導してくださった先生や部員のみんなや応援してくださった皆さんに本当に感謝しています。ありがとうございました。」

■佐藤美優
「今回は、初めて作者として作品をつくる難しさ大変さを感じました。私自身はじめはとても迷いのある挑戦でした。しかし、「出来ないからと逃げていてはいけない。上手く出来なくてもやらなければ出来るようにもならない。自分が成長するには自分でチャンスを掴まなければだめだ」と出場してみてとても感じました。新体操を中心にやってきた私は技術的にもまだまだですが、受賞した他校の作品をみて「創作は難しいけど面白い!」「この題材でここまで出来るのか」ととても勉強になりました。創作ダンスは技術だけではなく作品をつくるという上で題材の内容やテーマ性の決め方などもとても大切なのでもっと勉強していかなければと思いました。
今回の経験を、感じるだけでなくそんな作品も私も作りたい、作れるように日々努力研究し技術も苦手なところは克服し自分の力にもダンス部の力にもなれるようにしたい、心からそう感じています。応援有難うございました。」

この作品は10月9日(日)・10日(月・祝)に開催される学園祭での「第9回パフォーマンス発表会」にて再演いたします。ぜひダンススタジオまでお越しください。

【告知】第9回パフォーマンス発表会
10月9日(日)12:45開場、13:00開演 @多目的体操場(本学ダンススタジオ)
10月10日(月・祝)14:15開場、15:00開演 @多目的体操場(本学ダンススタジオ)

>>ダンス部の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/sport/dance/


このページの先頭へ戻る