トピックス&ニュース

【硬式野球部】第4回青少年ベースボールフェスタの野球教室で小学生に指導をしました。

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

12月17日(土)、18日(日)とハードオフエコスタジアムで野球障害ケア新潟ネットワーク主催の第4回 青少年ベースボールフェスタが開催されました。その中で、本学硬式野球部が17日(土)の野球教室を担当しました。計11の新潟市内の小学生チームの約160人に参加してもらいました。

野球教室の指導者として、佐藤監督、大矢コーチ、鵜瀬コーチをはじめ、選手からはピッチャーの佐藤悠人(健康スポーツ学科3年:巻高校出身)、漆原大晟(同2年:新潟明訓高校出身)、キャッチャーの大塚雅也(同3年:上田西高校出身)、福島勇一郎(3年:関東第一高校出身)、内野手の岩﨑亮馬(同3年:本庄第一高校出身)、小池那弥(同2年:新潟明訓高校出身)、外野手の小黒一輝(同3年:日本文理高校出身)、鷹箸宏樹(同3年:作新学院高校出身)が参加しました。

肩甲骨周りや股関節周りを大きく使ってのウォーミングアップや故障しにくい投げ方の基本を中心に行い、ピッチャー、キャッチャー、内野、外野とポジション別に分かれ守備の基本を練習しました。

小学生からは「楽しかった」と声が上がりました。この野球教室がきっかけとなり、野球をますます好きになって、故障することなく、長く野球を続けてもらいたいと思います。

以下は参加した部員のコメントです。

●佐藤悠人(健康スポーツ学科3年)
12月17日(土)に指導者として野球教室に参加させてもらいました。指導する立場でしたが、子どもたちから多くのことを学ぶことができ、とても勉強になる野球教室でした。このような機会があれば、また参加して子どもたちに野球の楽しさを伝え、より野球を好きになってもらえるように努力していきたいです。

●小黒一輝(健康スポーツ学科3年)
今回の野球教室では、いつもと違う指導する立場になり、相手に伝えるということの難しさを感じながらも、野球の楽しさを改めて実感することができました。今回のこの貴重な経験を活かし、これからも野球を頑張っていこうと思います。

>>硬式野球部の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/sport/baseball/

>>健康スポーツ学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/

このページの先頭へ戻る