トピックス&ニュース

【社会福祉学科】佐渡市安心安全地域推進事業「相川地区稲鯨集落住民アンケート調査」を実施

画像1 画像2 画像3

平成26年度から3年間、佐渡市高齢福祉課・相川支所、相川稲鯨集落、新潟医療福祉大学が協働して、佐渡市安心安全地域推進事業(通称:福祉版コンパクトシティ事業)を進めてきました。この度、平成28年11月5日(土)・6日(日)の二日間に全世帯を対象にしたアンケート調査を実施しました。今回は、平成26年度に引き続き行うもので、住民の意識変化を把握することを目的としています。

集落役員等と社会福祉学科3年生20名がペアになり、約250世帯を戸別訪問し、説明・記入・回収を行いました。集落内を歩くことにより、坂道の多さや路地の狭さなど稲鯨の地理的状況を知り、高齢者にとって生活の不便さを改めて知る機会となりました。今後アンケート結果は、集落内で報告会が開かれ、地域活性化のために活かされます。

>>社会福祉学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/welfare/sw/

このページの先頭へ戻る