トピックス&ニュース

【社会福祉学科】社会福祉学部ブックレット第2号「現代社会が抱える社会福祉の諸問題~ソーシャルワーク専門職の視点~」が発刊しました。

画像1

社会福祉学部は、社会福祉学部ブックレット創刊号「ソーシャルケースワークとはなにかあらためてリッチモンドを読む~」を昨年春に発刊しました。創刊号においては、「社会福祉の諸問題を解決するための法制度が整うこととソーシャルワーク機能が充実・強化されることとは必ずしも一致しないのではないか」ということを問題提起しました。

このたび発刊した社会福祉学部ブックレット第2号は、ブックレットタイトルを「現代社会が抱える社会福祉の諸問題 ~ソーシャルワーク専門職の視点~」とし、創刊号での問題提起を踏まえ、現代社会が抱えている社会福祉の諸問題をソーシャルワーク専門職の視点から概観しました。

構成は10章からなり、「貧困」「心身の不調和」「社会的ストレス」「自殺」「子ども虐待」「女性への暴力」「高齢者虐待」「医療と介護」といった具体的な今日的課題を取り上げ、これらの課題に対してソーシャルワーク機能がどのように作用しているかについて論じています。

本学部のブックレットを通じて、ソーシャルワークの理念と価値が社会全体で共有されることを望むとともに、法制度に支えられた「制度の中のソーシャルワーク」を超えた、広く人々や家族、地域コミュニテイに支えられた「社会の中のソーシャルワーク」の発展につながっていてくことを強く願っています。

>>社会福祉学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/welfare/sw/

このページの先頭へ戻る