トピックス&ニュース

【視機能科学科】2017年度視覚障害学習支援 ~夏の会~ 開催

画像1 画像2 画像3

2017年8月27日(日)に「視覚障害学習支援~夏の会~」を開催しました。この会は今年で4年目となりますが、新潟県内の視覚に障害をもつお子さんの充実した学校生活を支援することを目的として始めました。今回は当事者である小学生・中学生・高校生と保護者が、学校での合理的配慮や高校・大学受験時の配慮についてや、特別支援学校での学習の様子などについてじっくりと語らいました。総勢14名が第8研究・実習棟2階の視機能科学科実習室に集い普段の学校生活について情報交換しました。また、学生サポーター2名が、参加されたお子さんの夏休みの宿題を指導しました。

以下は参加者の声です。

「視覚障害児は四肢など他の障害と比べて外から分かりにくいことから支援が行き届いていないように感じます。同じような悩みをもつ人がいて、情報を共有できて安心しました。」

「拡大教科書のこと、デージー教科書のこと、大学受験の時間延長のこと、具体的にお話が聞けてよかったです。」

「小学校と中学校は地元の学校の弱視学級で勉強しましたが、高校からは盲学校の高等部に入学しました。これまでできなかったスポーツをたくさん経験しました。関東の大学を受験予定です。大学生になったら一人暮らしですが、不安はありません。」

「学生さんからiPadのアプリと便利な機能を紹介してもらいました。また実習室にルーペの他にも拡大読書器などがたくさんあって、驚きました。」

視機能科学科では視覚に障害をもつ方々のQOL(Quality of Life)を意識した「温かい眼」をもつ視能訓練士を育成していきます。

>>視機能科学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/medical/ort/

このページの先頭へ戻る