トピックス&ニュース

【陸上競技部】秋シーズン大会結果報告

画像1 画像2

陸上競技部では秋シーズンに入り、各地の大会で躍進を続けています。

9月12~14日、「第77回日本学生陸上競技対校選手権大会(通称全日本インカレ)」が東京国立競技場(ハンマー投げは代々木公園陸上競技場)にて行われました。

本学陸上競技部からは、牧良輔選手(健康スポーツ学科4年、男子3000m障害)、安田遥香選手(理学療法学科2年、女子ハンマー投)、土田祥太選手(健康スポーツ学1年、男子円盤投)、小林梨奈選手(社会福祉学科1年、女子やり投)の4名が出場し、牧良輔選手が3000m障害で5位入賞という快挙を成し遂げました!

牧選手は13日に行われた予選(5着までと記録上位者2名が通過)を3着で通過し、決勝進出を決めました。翌14日の決勝では関東有力大学の選手に怯むことなく集団の中でレースを運び、8分52秒06の5位でゴールしました。この記録は、北信越学生新記録となっています。他の3名の選手も、全国の先輩アスリートと競うという貴重な経験をし、来年度以降の活躍が期待されます。

全日本インカレの1週間後9月23日には、長野県大町市で「北信越学生ロードレース大会兼全日本大学駅伝予選会(16km、完走137名)」が行われ、牧良輔選手が全日本インカレの勢いそのままに優勝を果たしました。さらに、11位には健康スポーツ学科3年の中澤翔が、12位には健康スポーツ学科1年の牛木陽一が入りました。また、団体成績では北信越3位で、全日本大学駅伝の出場権獲得はなりませんでしたが、今後に期待できる内容でした。

牧選手は上記2大会での活躍を評価され、10月13日に行われた出雲全日本大学選抜駅伝に北信越代表チームの1区として全国駅伝に初出場しました。序盤からハイペースの展開でしたが、全国のエース級の選手が揃うなか、力走を見せてくれました。

これらの結果について、牧選手は「夏の合宿あたりから、普段の練習でも力がついてきていると手応えを感じていました。ここ最近の5000mのレースで自己記録を大幅に更新できたこともあり、秋シーズンにおいても自分自身に期待していました。全日本インカレでは北信越学生新記録というおまけつきで5位入賞という結果を残すことができ、大変嬉しく思っています。」とコメントしています。

さらに、「監督・コーチを始め、日々ともに練習に励んでいるチームメイトには感謝の思いで一杯です。また、応援してくださった皆様、ありがとうございました。今後のさらなる飛躍に向け、一層の努力をしていきます。」と感謝の言葉と今後の意気込みを話してくれました。

今後とも新潟医療福祉大学陸上競技部へのご声援をよろしくお願い致します。

写真上:牧良輔選手(健康スポーツ学科4年)
写真下:長野県菅平で行われた長距離夏合宿の様子

健康スポーツ学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/dept/health/hs/

■関連サイト■
日本学生陸上競技対校選手権大会サイト
http://www.iuau.jp/ev2008/77ic/index.html

北信越学生ロードレース大会の様子(動画もあります)
http://www.tv-asahi.co.jp/ekiden/contents/preliminary/detail/g.html

出雲全日本大学選抜駅伝サイト
http://www.izumo-ekiden.jp/

このページの先頭へ戻る