トピックス&ニュース

【義肢装具自立支援学科】高大連携活動の一環として新潟青陵高校にて模擬講義を実施

画像1

12月19日(金)義肢装具自立支援学科の月城慶一准教授が、新潟青陵高校の医療福祉系大学への進学を考えている2年生40名を対象に「装具と義足」の授業を行いました。

同校では毎年様々な専門学校や大学の先生が招かれ、学生を対象に特別授業が行われています。

新潟医療福祉大学 義肢装具自立支援学科の教員が同校に招かれたのは今回が初めてとなりますが、当日は、義足や装具のしくみ、義足とスポーツについての授業が行われ、参加した学生は目を輝かせていました。

また、授業ではビデオ上映や、実際に義足を見てもらうなど、普段あまり目にすることの無い「義足」を目の当たりにし、その精巧さに驚くと同時に、医療技術分野の専門職としてこうした義肢装具の製作に携わる義肢装具士という仕事に、おおいに興味を持ったようです。

今回、講義を担当した義肢装具自立支援学科をはじめ、新潟医療福祉大学では、各教員の専門性を活かした高大連携活動を積極的に行っていきたいと考えています。

ご希望の際は、以下までお気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ】
新潟医療福祉大学 入試広報課
TEL 025-257-4459
E-mail nyuusi@nuhw.ac.jp

※土日祝除く9:00~17:00

義肢装具自立支援学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/dept/medical/jiritsu/index.html

このページの先頭へ戻る