トピックス&ニュース

「2010学内企業就職説明会」が実施されました。

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

2月16日(月)、本学にて「2010学内企業就職説明会」が実施されました。

この就職説明会は、本学就職センターの主催により実施されているもので、一般企業への就職を希望している3年生への就職支援の一環として昨年度から実施しているものです。

本年度は、世界的な経済不況という状況の中、参加企業の減少も懸念しておりましたが、営業・販売・事務などの総合職をはじめ、介護職・栄養士の専門職種の採用を検討している企業など、昨年度より10社近くも多い29社、計45名の採用担当者にお越しいただくことができました。

また、業種別では公務員系(2)、委託給食サービス(4)、教育サービス(2)、卸小売業(7)、製造業(2)、商社(2)、サービス業(2)、冠婚葬祭業(1)、印刷業(1)、 福祉関連企業(2)、運輸・通信業(2)、警備業(2)と様々な業種の方にご参加いただきました。

あいにくの悪天候の中、13:30に開始された全体会では、健康栄養学科・健康スポーツ学科・社会福祉学科の3年生約180名が参加し、米林喜男副学長と就職センター長藤巻健一准教授による挨拶が行われました。

その後、各企業様から1社1分間の企業PRを行っていただきました。短い時間の中、時には笑いもあふれる和やかな雰囲気で進む企業PRでしたが、学生は、個別ガイダンスに向けて関心のある企業を選択する重要な情報収集の場であることもあり、みな真剣な表情で企業のPRに聞き入っていました。

全体会終了後、会場を移し行われた個別ガイダンスでは、複数の教室の配置した各企業の人事担当者との個別ガイダンスが行われました。

個別ガイダンスでは、採用担当者からパソコンやプロジェクターを利用して企業の概要と採用スケジュール等の詳しい説明が行われ、学生は人事担当者の熱意ある説明に、メモを取りながら真剣に聞きいっていました。中には、関心のある企業が複数あり、5社以上も訪問し、予定の終了時間を大きくオーバーしてしまった学生もいたようです。

また、参加企業の中には本学OB・OGが対応している企業もあり、学生たちは「現在の業務内容」や「なぜこの会社を希望したのか」など、通常の就職ガイダンス等ではあまり聞くことの出来ない内容についても質問できたようで、大いに情報収集することができたようです。

人事担当者は学生からの質問に丁寧にお応えいただき、「学生とゆっくり話ができてよかった」「学生の礼儀やマナーがしっかりしていて良かった」「目的意識が高く答えにくい質問が多くあった」「雰囲気の違った学生と面談できる機会はありがたい」と本学の学生に対する好評価をいただくことができました。(本学 企業アンケートより)

また、参加した学生からは「企業の人事担当者と直接お話することができてよかった」、「企業の特色が大変よくわかった」、「OB・OGが来られて職場の声が聞けてよかった」といった満足の声があがる一方、「希望する職種の企業の数が少なかった」「時期的に採用が早まっているのでもっと早く実施して頂きたい」などの意見もあり(本学 学生アンケートより)、来年度への検討事項もいくつか出てきました。

これからの就職活動において、企業に関する詳細な情報が得られるとともに、今後の進路に向けた大きな収穫を得ることのできた大変有意義な説明会となったと思います。

本学では今後もこうした活動を積極的に支援し、学生の夢の実現をサポートしていきます。

本学の就職状況・就職サポートについてはこちら
>> http://www.nuhw.ac.jp/career/index.html

このページの先頭へ戻る