トピックス&ニュース

【大学院】修士課程健康科学専攻看護学分野 がん看護専門看護師(CNS)コースが専門看護師教育課程として正式に認定されました。

本学大学院修士課程 健康科学専攻看護学分野に設置されている「専門看護師(CNS)コース」が、この度日本看護系大学協議会において正式に「がん看護専門看護師教育課程」として認定されました。これにより本学大学院は、がん看護専門看護師を目指す看護職のための教育機関として、今後さらに質の高い看護職育成を行ってまいります。

日本人の死亡原因の第1位でもある「がん」の対策には、2007年に「がん対策基本法」が制定されるなど、行政・医療・国民が一丸となって取り組むことが求められており、中でも、がんの予防から治療、緩和ケアなど高度かつ多岐にわたる知識と技術を持つ専門看護師の養成は急務となっております。

専門看護師になるには、日本看護協会が実施する認定審査に合格することが必要で、この認定審査は、臨床経験に加え、大学院において日本看護系大学協議会が定める教育課程を履修するなどの諸条件をクリアした看護職のみが受験できる、看護の上級試験になります。

このように専門看護師になるには多くの時間を有することと、数年前までは新潟県内に認定された教育機関(大学院)がなかったこともあり、新潟県の死亡率第1位もがんであるにも関わらず、現在新潟県での登録がん専門看護師はわずか3名のみになります。

新潟県では「新潟県がん対策推進条例」や「がんアクションプラン」を設けるなど、がん対策の充実を図っており、本学大学院看護学分野としても、がん看護の習熟したレベルの看護職をさらに県内外に輩出すべく、各医療機関などとも連携を図り、専門看護師の養成に尽力していきたいと思っております。

このページの先頭へ戻る