トピックス&ニュース

【国際交流】戦略的大学連携支援事業の一環として、韓国の慶南情報大学より本学連携事業の視察訪問をいただきました。

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

6月22日(水)に、本学の戦略的大学連携支援事業を視察見学するため、韓国の釜山にある慶南情報大学より2名の先生が来学されました。

慶南情報大学は45年の歴史を誇り、5学部30学科、学生数は9,000名を超える韓国でも有数の大規模な専門大学です。保健福祉学部において連携教育を始められたことをきっかけに、インターネットで本学の連携教育に対する全学的な取り組みについて知り、戦略的大学連携支援事業の事務局宛てに視察の依頼をいただきました。

当日は、最初に山本学長を表敬訪問され、山本学長より本学の連携教育の歴史や特色についてご説明させていただきました。その後、大学内を周り、各学科の実習や実験室を見学いただきました。

義肢装具自立支援学科では基礎ゼミの中間発表会に参加され、戦略的大学連携支援事業の統合事務局委員長真柄彰教授より、慶南情報大学の趙允得(チョー・ユンドク)先生と崔錫炫(チェ・ソッキョン)先生の紹介がありご挨拶を頂きました。最後にファシリテーター養成委員長の遠藤和男教授よりモジュール開発を中心とした戦略的連携支援事業について具体的に説明が行われ、連携教育の全般的システム、運営、カリキュラム開発などの主目的や連携基礎ゼミ、総合ゼミなど本学の主な活動の様子も聞かれ、慶南情報大学での連携教育に活かしていきたいと話され、大学を後にされました。

本学は、今後も連携教育や国際交流を積極的に推進して参ります。

■本学の戦略的大学連携支援事業の詳細はこちら
>>http://www.ipe.nuhw.ac.jp/

このページの先頭へ戻る