トピックス&ニュース

【健康スポーツ学科】アメリカ研修実施報告

画像1 画像2

健康スポーツ学科では、3月2日(金)から9日(金)までアメリカのアリゾナ州にて、アスレティックトレーナー研修を実施致しました。

本研修は、アメリカスポーツと、そこに関わるアスレティックトレーナーについて体感・学習することが目的で、A.T. Still大学院大学での講習、アリゾナ州立大学NBA・MLB施設、コンディショニング施設の見学・講習という盛りだくさんの内容となりました。
大学、プロチーム、コンディショニング施設の見学では、その規模や充実度に驚きを覚えました。スタジアムやアリーナ、トレーニングやアスレティックリハビリテーションのための施設は、日本とは比べものにならない充実度です。そして、各施設で中心的に働くアスレティックトレーナーの姿を見ることができ、学生はトレーナーの可能性や魅力を改めて感じることができたでしょう。
また、解剖学の実習や、現地のトレーナーから身体機能の評価や、アスレティックリハビリテーションの講習も行っていただきました。日本で学習する中では触れることの少ない、実際の人体における筋や関節の観察や、より実践的な評価やトレーニング方法を学ぶことができ、これからのトレーナー活動にも活かすことのできる内容でした。
こうした研修を通じ、日本とアメリカにおけるトレーナーの違いや、トレーナーを取り巻く環境などを体感し、刺激を受けることができたのではと思います。

以下、参加学生からのコメントです。
・健康スポーツ学科4年 加藤洋介
日本とアメリカのアスレティックトレーナーには、それぞれに長所と短所がありますが、高校生や大学生のスポーツを行うための環境は、日本と比較するとアメリカは大きく進んでいることを感じました。アメリカでは、カレッジスポーツが盛んで、街の中に大学の公式ショップがあるなど、興味・関心が高く、スポーツに対する歴史・文化の深さの違いを学ぶことができました。

健康スポーツ学科では、国際交流の推進を含め、学生学生一人ひとりの夢を実現する資格取得のサポートに尽力して参ります。

>>健康スポーツ学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hs/index.html

>>健康スポーツ学科オリジナルサイトはこちら
http://www.nuhw-hs.jp/

このページの先頭へ戻る