トピックス&ニュース

【健康栄養学科】6月14日(木)新潟市北区農業委員会「耕作放棄地解消のためのモデル事業」への参加報告

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

6月14日(木)、本学健康栄養学科在学生有志1~4年生計約60名が、新潟市北区農業委員会「耕作放棄地解消のためのモデル事業」の一環としてサツマイモ苗の植え付け作業に参加させていただきました。

新潟市北区農業委員会では「耕作放棄地解消のためのモデル事業」を推進しており、地元農業団体や地域コミュニティ、本学をはじめとする教育機関と連携した事業展開を行うことで、地域活動・社会教育活動・環境活動に結び付けるべく活動をしています。

本学科でもその活動に賛同し、さらに地域貢献するため、北区農業委員会の方々と共同で農作物を栽培し、収穫物の調理・加工や収穫物を使ったイベント(大学祭など)を予定しています。また、サツマイモの他には、大豆(播種済み)やそば(8月中旬播種予定)などの栽培も計画されています。

学生全員が管理栄養士を目指している本学科では、今回のような「苗の植え付け」「定期的な水やり」「収穫」までの一連の栽培過程の体験を通して「食べ物の成長」を知り、「大地のめぐみ」や、「食べ物が食卓に出るまでの道のり」を深く考える良い機会になるのではと期待しています。

さらに、栽培している方たちと触れ合うことで、手間暇をかけて食物を育んでいる方の苦労や思いを知ることは、学生自身の生き方にも反映されることと信じています。
今後も引き続き、作物の成長とともに、学生の成長の様子についてもホームページ等でご紹介させていただきます。

>>健康栄養学科の詳細はこちら
http://www.nuhw.ac.jp/faculty/health/hn/index.html

このページの先頭へ戻る